折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦和3−1仙台(生観戦) 力の差が大きい

<<   作成日時 : 2016/04/17 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「埼玉県に行くのよ」(彩の国さいたま魅力づくり推進協議会「埼玉県のひみつ」)
 このところネットで話題の埼玉県である。もちろん埼玉県はこの本にある通り(読んでないけど)、サッカーなどの盛んなスポーツ王国である。
「そこらへんの草でも食わせておけ! 埼玉県民ならそれで治る!」(魔夜峰央「翔んで埼玉」)
 草でも食わせて、というとピッチに突っ伏しているサッカー選手を思い浮かべる。ところでこの漫画、初出の時に読んだ記憶がある。連載一作目は1982年「花とゆめ」冬の別冊。姉が買ってきたのか喫茶店かどこかに置いてあったのを読んだのか。
 実際の埼玉県は街路のハナミズキが美しかった。浦和美園から埼玉スタジアムまでの道は暑く感じたのだが、メインアッパー席に座ると風が強く涼しかった。
 お客さんは埼スタにしては少ない。アッパー席はメインもバックも空いていて観客数31,012人。

 浦和
GK: 西川、DF: 森脇・遠藤航・槙野、MF: 関根・柏木・阿部・宇賀神、FW: 李・武藤・興梠

 これがこのところのスタメンなのだろう。練習中の場内アナウンスで、武藤が点を取って寿司がどうこうという宇賀神からのメッセージを伝えていた。武藤もすっかり浦和に寿司をもたらす人で定着したようだ。

 仙台
GK: 石川、DF: 大岩・平岡・渡部・石川、MF: 富田・キムミンテ・三田・奧埜、FW: 野沢・ハモンロペス

 六反が怪我、関が怪我、梁が怪我、金久保が怪我、ウイルソン、菅井、水野が脚の違和感。金園が体調不良。どうやって勝てと?

 試合開始前に熊本県の地震に対して黙祷。私も亡くなったかたに哀悼の意を表するとともに、平和にサッカー観戦が出来る幸運と幸福を噛みしめた。

 試合開始。

 コイントスに勝った仙台は風下のアウェー側を選んだ。後半に有利になるようにという意図か、何か雰囲気を変えたいと思ったのか。
 仙台はハモンロペスがワントップの4-5-1。中盤を手厚くして浦和の攻撃をまず阻止しようという考えだろう。
 しかし、開始直後から攻め込まれた。興梠・李・武藤が入れ替わり立ち替わり仙台のペナルティエリア内に侵入。いつ点が入るのかとひやひやものであった。仙台がたまにボールを奪ってもなかなか前に運べない。ボールを奪う技術が違う。仙台は守備だけしているというよりも、出たくても攻撃に出られないという感じだ。
 それでも15分過ぎくらいから次第に落ち着いてきた。前半はどうにか0-0で終了。
 後ろの席の浦和サポによれば、仙台は福岡(3/12 2-0で浦和勝利)よりは攻撃しているのでまだましな試合、とのこと。

 後半開始。相変わらず攻める浦和守る仙台。
 53分、ついに均衡が破れた。槙野が左からキムミンテをかわしてクロス。それに李の頭。中を固められたらサイドから。浦和先制。
 ああやっぱりか、などと沈んでいたら、浦和陣内左サイドで三田がボールを持っている。中に切れ込んで行った。追いすがる遠藤航がスローモーションに見えた。シュート。ゴールが決まって仙台がたちまち同点。
 その後も浦和が攻めた。このまま終わらないかなと思ったがそうはいかなかった。74分、キムミンテがターンしながら前に出て、「おっ、うまいな」と思った次の瞬間、ボールを置いていった。奪った阿部がスルーパス、興梠が飛び出してゴール。
 76分、交代出場の梅崎のクロスに武藤のヘッドで3-1。またしても浦和に寿司をもたらした。この武藤のヘッドがスタンディングジャンプ。武藤の立ち位置を見失ったか、武藤の入り方がうまかったのか。
 その後、仙台はキムミンテに代えて西村を入れ、攻撃に出た。西村は前でボールを追っていたようだがどんな攻撃的プレーが得意なのかはよくわからなかった。その後得点は入らずそのまま試合終了。

 戦術的にどうこうというより、現時点で力の差が大きいと感じられた。仙台は暫定15位。このあたりが定位置になっていきそうである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浦和3−1仙台(生観戦) 力の差が大きい 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる