折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国女子2−0ベトナム女子 W杯の日本なら

<<   作成日時 : 2016/03/01 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本と戦ったらどちらが勝つだろうと思いながら見ていた。この試合は日本-オーストラリア戦の前に行われたので、オーストラリア戦の日本ではなく、W杯の日本なら勝てるかという視点で見ていた。

 ベトナムは試合開始直後こそ元気だったが、時間が経つと次第に中国に押し込まれていった。体の強さが違った。中国はオーストラリアほどでかい体をしているわけではない。しかし、ワンプレーワンプレーがベトナムよりも力強い。パススピードも速い。ボールを蹴っても軸がぶれない。サッカーで使う筋肉の動かし方、鍛え方をベトナムよりもよく知っていた。

 ベトナムは押されながらもよく守っていた。GKのダンティキエウチンは一度PKを止めた。しかし、57分、中国の古雅莎が先制点を決めた。コーナーキックを空中で競ったのだが、ボールが抜けてファーに来た。ファーにいた古雅莎はその時フリーで、彼女をマークするべきベトナムディフェンダーも空中での戦いに参加していた。Jリーグでも時折見るディフェンスのミスだ。
 その後、ベトナムペナルティエリアの外か中か微妙な位置のファウルで主審はPKを取った。それが決まって2-0で終了。

 W杯の時の日本ならベトナムはもちろん中国にも勝てるだろうと思った。中国はベトナムを圧倒していたが、日本よりもプレーがアバウトな所がある。日本のパスワークのほうが上だろう。
 だが、オーストラリア戦の日本を見てしまうと自信が無くなった。昨日の日本が相手なら中国が中盤で勝てるのではないか。ベトナムともいい勝負になるかもしれない。
 オーストラリア戦はそれくらい、この日本ならなんとかなるかも、と他国に思わせるものがあった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国女子2−0ベトナム女子 W杯の日本なら 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる