折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS U-23 日本2−1イラク 手の平は返すためにある

<<   作成日時 : 2016/01/27 21:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 リオデジャネイロオリンピック出場は無理なんじゃないかと思っていた。この年代が世界大会に出られていないこともさることながら、アジア大会など手倉森監督が率いるようになってからも結果が出ていなかった。内容も良くなかった。この年代で有名なタレントと言えば南野と久保だったが、プレーを見ると決して突出した存在ではなかった。
 特徴を強みに変える、ということに手倉森監督は優れていた。突出した存在がない、ということを利用してローテーション制を持ち込んだ。誰が出ても大して変わらない、という状況を、誰が出ても一定以上のレベルが出せるチームへと変貌させた。

 これまでの試合から、イラクは強敵だが隙があると思っていた。そのひとつは立ち上がりが良くないということだ。日本はその立ち上がりで優位に立った。
 武蔵がカウンターで飛び出した時、久保しかついて来なかった。そしてイラクのディフェンダーは4人いた。これは点にはならないだろうと思った。久保より足の速い選手が一人くらいはいるだろうし久保が抑えられれば得点にはならない。
 26分、これが得点になってしまった。久保より速い選手はいなかった。そして武蔵のパスは完璧だった。リアルタイムではオフサイドかなと思ったが、録画でよく見たらオフサイドではなかった。二人のフォワードで1点を取りきってしまった。

 前半、その後も日本優位だったが次第にイラクが盛り返してきた。立ち上がりの優位な時間は終わったのだ。
 43分、イラクの得点。武蔵がクリアしていればなんでもなかった。実質バックヘッドするくらいなら足で止めればと後から思ったが、武蔵は武蔵で確実に頭でクリアしようとしたのだろう。櫛引はあれが精一杯だっただろう。
 失点後の日本選手達の顔は沈んでいた。おとなしいと言われる選手達だ。ここには柱谷もラモスもいない。本来、前半終了間際に同点にされるのは最低の事態なのだが、むしろ前半終了直前で良かったかもしれない。
 メンタルはハーフタイムにテグがなんとかするだろう?

 後半開始直後にカディムの強烈なシュートがあったが櫛引セーブ。
 その後もイラクが押し込む時間帯が長かった。しかし、押し込まれている割に、イラクに決定機は少なかった。
 日本は中三日、イラクは中二日。日程のアドバンテージがあればそれを生かす。不利な時間帯があってもしっかり守備をして時間をやり過ごせば、自分たちの時間帯がやってくる。かっちりと守っていた日本はイラクの時間帯をやり過ごした。
 80分ぐらいから、日本がボールを持てるようになってきた。手倉森監督は武蔵・久保に代えてオナイウ・浅野を投入していた。

 93分。浅野のパスを受けた南野がえぐってクロス。そのボールの先にはオナイウがいて、イラクGKがオナイウの手前でパンチング。そのボールを受けたのがバイタルエリアにいた原川だった。
 原川の前には沢山の選手がいたように見えた。右から迫りくるディフェンダーの股を抜いたシュートは人と人の間を通り過ぎていった。パンチング直後のGKは反応が遅れた。ボールはゴール右に突き刺さった。

 手の平は返すためにある。
 手倉森監督と、選手達の、見事な勝利だった。
 参りました。脱帽。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-23 日本2−1イラク 手の平は返すためにある 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる