折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS イラン1−1日本 イランとの実力差は結果の通り

<<   作成日時 : 2015/10/14 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 最終的には審判にコントロールされてしまったかなという試合だった。もちろん、それは最終的な話で、そこに至るまでには思うところが多々ある。

 前半はイランに圧倒された。イランがラッシュをかけたというわけではない。だが日本は一対一の局面で劣勢になっていた。
 ここには二つ問題があって、日本は球際が弱いという話がまずあり、次にそれをかわすだけのテクニックと連動性がないという話がある。
 前者の球際だが、これが全ての局面であるものだから、ゴール前での球際、コーナーキックでの競り合いでも情けないことになっていた。そこで点を取られなかったのは幸いだった。ところで森重は後半、前半ならまだしも後半に、ここというところで二度転んでいたがどういうことだろうか。スパイクが合わないのならハーフタイムに修正してほしいものだ。
 そしてテクニックでかわす話だが、このメンバーではパスワーク、中でも中盤の質が低いのだろう。この日は柴崎が先発していた。遠藤の次は柴崎と、遠藤がレギュラーの頃から言われていたが、ひょっとしたらそんな日は来ないのかもしれない。
 PKを与えたは吉田のミス。出さなくてもいい足をうっかり出してしまった。PKはボールに詰めたメヒド・トラビの反応が速かった、というか、日本の選手達がのろい。細貝を呼んで、PKでどうしたらいいか教えてもらったらどうか。

 48分、武藤が得点。最初はオウンゴールかなと思ったが武藤の体に当たっていた。運が日本に来ていた。武藤はこの得点よりも、裏へ抜け出した時にGKと一対一になりながらドリブルのボールが長すぎてGKの手に当てられた場面を反省してほしい。いや、すでに反省しているという記事があったか。
 柏木とか丹羽とかいろいろ出てきて、こう何人も代える時は代わるたびに連携が悪くなるものだけれどもそうならなかったのは良かった。
 清武が揉めていたが、あれは素で怒っていたのかそれとも挑発していたのか。

 日本にはPKかなと思えた場面が二度あった。本田が倒された時と、ペナルティエリア内でハンドがあったように見えた時。だが審判は同点まではいいが日本の勝ち越しはさせないというつもりでいたようだ。
 だから最終的には審判にコントロールされてしまったかなと。
 ただ、日本が0-3で勝てるぐらいの実力差があったら、審判がいくらコントロールしても日本が1-2ぐらいで勝っていたわけで、そんな実力差などなかったということだ。
 というわけでイランと日本の実力差は結果の通りである。日本はアジアで断トツに強いわけではない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イラン1−1日本 イランとの実力差は結果の通り 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる