折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸0−2鹿島、広島0−1F東京

<<   作成日時 : 2015/10/06 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神戸0−2鹿島 鹿島圧倒

 神戸は8/29からホーム試合を芝が酷いノエスタを避けて神戸ユニバで行ってきた。しかし、この試合は再びノエスタで行われた。
 芝の張り替え途中だそうで、張り替え後の芝は綺麗だったが張り替え前の部分は穴だらけで、草が生えているのかいないのかという酷いものだった。それなら張り替え後の部分はというと下が固いという。
 神戸というと怪我人が多く思うようなメンバーが揃っていないが、芝が悪ければ怪我が増えるものだ。また、固い芝というのもクッションにならないわけで怪我に繋がりやすい。名将ネルシーニョも随分なハンデを背負ったものである。
 試合は鹿島が圧倒した。酷い芝でのコントロールに、アウェーの鹿島の方が慣れている気さえした。神戸ディフェンスがボールを奪ってビルドアップしようにも、パスのトラップ直後に鹿島選手に前後を挟まれてボールをあっさり取り切られてしまう。そんなわけで鹿島がいつまでも攻撃し続けるゲームだった。神戸は終了近くなって少しシュートを打っていたかなという印象しか残っていない。
 残り4試合で神戸は16位松本と勝ち点5差。うっかりする可能性がなくもない。



広島0−1F東京 F東京得意のウノゼロ

 前半は広島の方が点を取りそうだと見ていた。しかし、ここというところをF東京が抑えてどうにか守っていた。寿人対森重の攻防は見応えがあった。
 後半は互角の形勢になったというか。前田のシュートがポストを叩いたものは惜しかった。F東京にどうこう思うところはないのだが、人気者の食いしん坊前田にはまだまだ活躍してほしいし、生涯ゴール数争いにも割り込んでほしい。
 70分にF東京の得点。橋本が打ったのはシュートだろうが、河野がうまく足に当てていた。最初は偶然当たったのかと思ったのだが、スローを見たら全く偶然ではない。技ありゴールだろう。
 ミキッチのアクシデントもあり、守りに入ったF東京に対して広島はあまり攻め手がなかった。62分に寿人に交代した浅野も、引かれるとそのスピードが生きない。F東京得意のウノゼロ勝利だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸0−2鹿島、広島0−1F東京 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる