折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 日テレ0−0浦和L(生観戦) サッカーはサッカーである

<<   作成日時 : 2015/09/20 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年はこれまで見てこなかったカテゴリーの試合を見に行こうと正月から考えていた。ようやく秋になって女子リーグのサッカーを見に行った。
 日テレベレーザ対浦和レッズレディース。場所は味の素フィールド西が丘。略して味フィ西。間違えられやすいことで有名だが、味スタは飛田給駅から徒歩5分、味スタ西は味スタの隣、味フィ西は都営三田線本蓮沼駅から徒歩8分。味スタと味スタ西を間違えてもそれほど問題はないが、味スタ西と味フィ西を間違えると移動に1時間以上かかる。
 三田線に乗るために巣鴨駅で乗り換えた。ついでにとげぬき地蔵尊高岩寺を参詣。とげぬき地蔵方面から地下鉄に下りるエスカレーターの動きがゆっくりで、お年を召した参詣客に配慮しているのだなと感じた。

 味フィ西に着いたら先日の豪雨被害に対する寄付を募っていたのでその時持っていた小銭を全部出した。私の席はS席ゾーン指定。最初はメインスタンド左の浦和L側に座ってビールを飲んだ。周りを見ると自分と同様に一人で来ているおじさんが多い。女子サッカーにおじさんばかり来るのは、マリみての読者は実は男ばかり、という噂、本当かどうかは知らない、みたいなものだろうか、などと思う。背中に当たる西日が厳しかったので、ビールを飲み終えてから来賓席の陰になる日テレ側に移動した。こちらは家族連れ、夫婦、カップルらが多い。なるほど近い所なら家族で来るが、少し遠くなるとお父さん一人で行って来て、という話になるのだろうか。自分の席の周りは詰まっていたが、観客数は2,293人。
 試合前に、写真・動画撮影は禁止、というアナウンスがあった。調べてみると、望遠レンズを使用した写真撮影、ビデオカメラによる撮影は禁止ということらしい。詳しくは知らないが、女子サッカーでは過去にいろいろと看過できない事件があったものと推察される。

 前節、日テレはI神戸戦で勝利し、首位I神戸に勝ち点差1と詰めた。一方の浦和Lはその2位日テレから勝ち点差16の5位。

 日テレ
GK: 山下、DF: 清水・岩清水・村松・有吉、MF: 原・阪口・籾木・中里・上辻、FW: 田中美

 浦和
GK: 池田、DF: 乗松・長船・高畑・臼井、MF: 柴田・猶本・岸川・加藤、FW: 清家・後藤

 試合開始。

 日テレがパスワークで勝り優勢に見えたが浦和のカウンターも鋭い。代表などでよく聞く有名な選手、岩清水とか阪口とか柴田とか猶本とかは、やはり技術が高い。なかでも阪口は軸がぶれないと感心して見ていた。球際の当たりは激しくて、体ごと当たられるとその阪口でもぐらついた。奪い合いが激しい中で決定的な場面は少なく、0-0で前半終了。

 ハーフタイム、トイレに行くために歩いていると、小林弥生とすれ違って驚く。席に戻ってからふと振り向いて後ろを見たら来賓席に佐々木規夫がいてさらに驚く。女子サッカーはテレビで見ていた有名人がすぐ近くにいた(文中敬称略)。

 後半は日テレのプレスが効いてさらに日テレ優位に傾いた。日テレ日テレ日テレ浦和また日テレというボール保持率。個人的に面白いと思ったのが日テレ5番の中里。身長148センチと低いのだが、その小さい体がちょこまかと激しく動いてなかなか止められなかった。
 決定機も日テレが多く迎えるようになった。だが入ったかなと思ったシュートがサイドネットにかかったりバーに嫌われたりで、そのたびに日テレ側では「あー」の悲鳴と嘆息が響いた。
 終盤に惜しい反転シュートが入らなかったのは田中美南だっただろうか。
 85分くらいから日テレが攻め疲れたか、イーブンな展開になった。アディッショナルタイムに日テレにヘディングシュートがあったが目の前のゴールの枠から外れて試合終了。
 日テレにしてみたら、試合を優位に進めながら引き分けに終わり痛い結果だっただろう。I神戸が仙台Lに勝ったので勝ち点差は3と開いた。

 女子のサッカーは男子に比べてパワーと上背がない。だがサッカーはサッカーである。同じルールで戦い、激しくボールを奪い合ってゴールに迫る。そこに何の変わりもない。
 そんな当たり前のことが直接見てわかった。それが一番の収穫だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日テレ0−0浦和L(生観戦) サッカーはサッカーである 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる