折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本2−1カメルーン 大変ですね勝つまでは

<<   作成日時 : 2015/06/14 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 カメルーン-エクアドル戦の得点シーンだけは見ていたので、カメルーン攻撃手一人一人の能力の高さは知っていた。裏を取る瞬発力とスピードは素晴らしいものがあった。あの躍動感はアジアでも西洋でも無い。
 となれば、カメルーンはエクアドル相手に6点取ったのになぜ日本相手には1点しか取れなかったのか、という視点もある筈だ。

 裏を取らせるフィードを打たせない、というのがまずある。それほどのハイプレスではないが、日本はカメルーンの中盤に余裕を持って蹴らせるほどの時間は与えなかった。
 カメルーンの攻撃手、エンガモナイらにボールが渡っても、厳しく当たる場面と飛び込まずに遅らせる場面の判断に誤りが少なかった。カメルーンの選手達はいくつものシュートを外したが、まるっきりのフリーで打てた場面はほとんどなく、日本のディフェンダーから何らかのプレッシャーを受けていた。22分、エンガモナイのシュートは海堀との1対1だったが、サイドに追い込まれていて角度が無かった。
 カメルーン唯一の得点時には、そうした日本からの圧力が途中までかかっていなかった。エンガモナイがパスを出す瞬間、上がってくるディフェンダー、エンシュートが見えていなかった。
 攻められっぱなしのようでいて点を取られなかったことにも理由はあるし、アディッショナルタイムに点を取られたことにも理由がある。

 カメルーンが日本選手達を把握するのに時間がかかって、その間に2点を取れたのが結局は勝利に繋がった。
 先制点は鮫島が……、カメラ映像からでも鮫島フリーだな、あそこにボールが行かないかなと思った、……上がってきたのをカメルーン選手達が見ていなかった。鮫島が、ここという時に上がってくる選手であること、を彼女たちが知らないように見えた。
 2点目はあの位置で宮間をフリーで打たせること自体が有り得ない。コーナーキック直後に誰かが宮間を抑えに行かないといけない。
 つまり、カメルーンのスカウティング不足というか、スカウティング消化能力の差に助けられた。そうしたことも含めて、日本の実力が上だったということだ。

 大苦戦したので、逆にポジティブに書いてみた。
 と言っても勝つまで大変だった。
 今の日本女子代表はそれほど強くないと思っているので、こうした苦戦は予想し得ることだった。とは言っても、見るだけで疲れた。次の試合くらいは楽に勝ってほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本2−1カメルーン 大変ですね勝つまでは 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる