折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府2−0山形 佐久間新監督初陣勝利

<<   作成日時 : 2015/05/16 20:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 前節樋口前監督最後の試合のスタメン。
GK: 荻、DF: 渡邉将・山本英・津田、MF: 松本・マルキーニョスパラナ・稲垣・阿部翔、FW: 石原・盛田・アドリアーノ
 今節佐久間新監督最初の試合のスタメン
GK: 河田、DF: 土屋・山本英・津田、MF: 橋爪・マルキーニョスパラナ・新井・阿部翔、FW: 稲垣・阿部拓・バレー
 荻→河田、渡邉将→土屋、松本→橋爪、石原→新井、盛田→阿部拓、アドリアーノ→バレー
 佐久間監督はスタメンを6人変えてきた。
 良くも悪くも樋口監督はメンバーを固定する傾向があった。そこには成熟度、連携を高めるという利点はあっただろう。しかし、コンディションの良いメンバーを臨機応変に起用するということは少なかった。
 新監督に変わったから甲府選手達のモチベーションも高かっただろうが、新たに起用されたメンバーのモチベーションはさらに高かっただろう。

 序盤から甲府が主導権を握って攻めた。まずバレーがドリブルで突っかけ、ファウルを誘った場面があった。これは危ない、と山形はバレーを警戒したであろう。
 須藤解説者によればバレーが山形のボランチの位置まで下がってくるので誰が捕まえるのか曖昧になっているということだった。そうした時に最終ラインが上がるのをためらえば、その分甲府が中盤で数的有利になるということか。
 他に自分が見た所では、ボールへの寄せが一歩甲府のほうが早かった。それで優位に立っていた。やはりモチベーションが高かったのだろう。アグレッシブな分、甲府が先に疲れるだろうから、早いうちに先制点が取れるかどうかが鍵になる。
 そして12分、阿部拓の見事なミドルシュートが決まった。阿部拓は、あんなシュートが打てたのか、と驚いた。そもそもこの背番号9番は甲府に来てから1点しか取っていないので、ゴールを決めるだけで珍しい。
 なお甲府は前節まで2勝9敗0分なのだが、先制点を取った試合は必ず勝って零封している。

 といっても前述のように甲府選手達は試合開始から走り回っていたのでスタミナが心配だ。もう1点くらいないと安心できない、と思った。すると、バレーのクロスにマルキーニョスパラナが飛び出そうとしたところで倒されてPK。このPKをバレーが決めて2点差。
 バレーはハイボールに強いしパスを受ければボールが収まる。収めた後のパス出しも出来る。久しぶりに甲府に戻ってきて、あまりに久しぶり過ぎてどんなものか疑っていた。しかし、甲府に以前いた頃よりも技術が上がったというか賢くなった気がする。バレーにボールを預ければ押し上げが効くので前半は甲府の攻撃が続いた。2-0で前半終了。

 後半開始から山形はロメロフランクに代えて川西。後ろから押し上げて攻めてきた。一方の甲府は無理な攻めはしなくなり後ろにブロックを築いて山形の攻撃を迎えた。
 山形はここ4戦で2勝2分と好調だった。だが、ゴール前を固められると強力なタレントがいるわけでもなく、なかなかシュートが打てない。先制出来ないとより苦しくなるのは甲府に似ている。
 64分、甲府はバレーに代えてアドリアーノ。途端に前で収まらなくなった。アドリアーノは背が高い割にハイボールの競り合いに強くないし、ボールが収まらない。だから樋口監督も2トップにしてようやく前で収まり攻撃が出来るようになった。つまりアドリアーノは点を取れなければワントップとしてあんまり役に立たないわけで、でもバレーが来る以前の甲府はそもそもアドリアーノ以外に入りそうなシュートを打てそうな人がいない。だから樋口監督はアドリアーノと心中した面がある。
 アドリアーノが入ってカウンターが効かなくなった甲府だが、中を固めて守り続けた。それならサイドはというと、山形の高木息子は橋爪に抑えられたりと手詰まり。山形は67分に個人的に懐かしの萬代を投入したがあまり活躍できず。山形得意のセットプレーも不発で2-0のまま試合終了。

 ここで山形が勝つと雰囲気的に甲府最下位安定J1脱落ほぼ決定だったのではないかと思う。だが、勝利で甲府は一息ついた。残留争いはカオスになってきたようである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府2−0山形 佐久間新監督初陣勝利 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる