折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 星稜4−2前橋育英 いいゲームだった

<<   作成日時 : 2015/01/14 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どんなカテゴリーであれ、勝つために真剣になって戦われる試合は面白い。どちらも自分の持ち味を出そうとし、どちらも相手の持ち味を消そうとし、攻めては守り守っては攻め、いいゲームだった。

 3-0で勝ち上がった星稜とPKで勝ち上がった前橋育英では、星稜のほうが印象が良かった。星稜は日大藤沢戦でもディフェンダーからボールをかっさらってゴールを奪っていたが、決勝の先制点もかっさらいからPKを取った。どこからでもボールを奪い取ろうとする高い意識がここでも光っていた。
 前半は得点後も星稜が押していた。ここで追加点を取れていれば簡単な試合になったかもしれないが、前橋育英が踏ん張って1失点に抑えて後半に巻き返した。53分の野口はディフェンダーの動きをうまく止めて入れ替わり放ったシュート。アシストはゴールキーパーか。55分には渡邊が左サイドから持ち込んで美しいシュート。あっという間に逆転した。
 この流れだと前橋育英が勝つのかなと思ったが、右サイドからのクロスから原田のヘディングシュートで同点。高橋のクロスは抉ったものではなく斜め後ろからのもの。そのクロスの精度が良かった。
 
 そして延長戦。
 やはり一番印象に残ったのは星稜の森山。
 延長戦で2得点をあげたが、それが理由ではない。顔だ。俺はファイターだ、ストライカーだ、という顔をしている。それでいて愛敬がある。友達になりたくなる顔だ。森山の将来に幸あれ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
星稜4−2前橋育英 いいゲームだった 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる