折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS J2J3入れ替え戦 讃岐1−0長野 長野の時間帯に木島

<<   作成日時 : 2014/12/10 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 長野ホームで0-0ドローを受けて讃岐ホーム丸亀での第二戦。
 第一戦のダイジェストを見た。立ち上がりは讃岐優位、しかし試合終了間際に長野がビッグチャンスを外す、という展開だったようだ。となると、テクニックや戦術遂行能力では讃岐が上、ハードワークでは長野が上という印象でよいだろうか。
 この第二戦も概ね似たような展開になった。

 前半は讃岐が優位だった。ボールを繋ぐのもセカンドボールを奪うのも讃岐が上。長野を自陣に押し込んで何度も好機を作った。特に木島のドリブルが効果的で、長野ディフェンスを幾度か混乱に陥れた。しかし、長野は耐えて前半を0-0で終えた。
 解説者は、どちらも普段と逆の試合をしている、と言っていた。讃岐はJ2でボールをなかなか持てなかったし、長野はJ3でボールを持って主導権を握る試合が多かったと。ところがこの入れ替え戦前半ではその点での力関係が変わっていた。

 後半は一転して長野優位となった。木島は前半飛ばし過ぎたのか消えていた。長野が押し込んで、讃岐がゴール前で耐える展開になった。
 その中で、讃岐に一瞬のチャンスがやってきた。右サイド自陣からのフィード。それが右側バイタルエリアで跳ねた。川鍋がそのボールのバウンドを捕え損ね、木島が入れ替わってボールをかっさらった。ゴールキーパーをかわしてシュート。後半ほとんど目立たなかった木島がここという瞬間にやってのけた。

 1点を奪って讃岐は元気が出てきた。前から盛んにボールを追った。長野がボールを持てばゴール前に強固なブロックを築いた。ボールを運べば相手側コーナーフラッグ付近にボールを運んで時間を稼いだ。そのまま時計は進んで讃岐が逃げ切った。
 一瞬の隙を逃さなかった木島。2試合180分間でただ一度だけ訪れたその一瞬。それが勝負を決めた。
 讃岐はJ2で生き残った。長野はまたJ3で一年間、挑戦を続けることになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J2J3入れ替え戦 讃岐1−0長野 長野の時間帯に木島 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる