折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 集大成終了

<<   作成日時 : 2014/12/28 10:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 そういうわけで、集大成の年が終わる。
 今年は18試合を現地で観戦した。

3月8日 F東京1−1甲府(味スタ)
3月23日 大宮4−0仙台(Nack5)
4月6日 浦和4−0仙台(埼スタ)
4月12日 横浜M0−2仙台(日産スタ)
4月19日 F東京2−0C大阪(味スタ)
5月17日 甲府3−0柏(中銀スタ)
7月19日 柏0−0仙台(日立柏)
7月27日 F東京3−0仙台(味スタ)
8月9日 甲府0−0仙台(中銀スタ)
8月16日 仙台3−2清水(ユアスタ)
9月9日 日本2−2ベネズエラ(横浜国際)
9月13日 甲府1−0鳥栖(中銀スタ)
9月27日 川崎F1−1仙台(等々力)
10月26日 甲府2−1川崎F(中銀スタ)
11月8日 ナ杯決 広島2−3G大阪(埼スタ)
11月22日 浦和0−2G大阪(埼スタ)
12月7日 プレーオフ 千葉0−1山形(味スタ)
12月13日 天皇杯決 G大阪3−1山形(日産ス)

 ベガルタ仙台はアーノルド監督の蹉跌、渡邉監督の苦闘と再生。
 ヴァンフォーレ甲府は城福名監督の残留劇。
 C大阪まさかの降格。G大阪の三冠。なかでもJリーグでの大逆転。
 山形のハードワークと昇格も記憶に新しい。
 そして日本代表の惨敗。

 サッカーではどんなことでも起こり得る、という意味では起こり得ることのみが起きた。しかし、信じ難いと言えば起きたことの多くが信じ難かった。それがサッカーであると再認識した一年だった。

 集大成といっても特別なことをしたわけではない。サッカーを真面目に90分間見ていればなにかしら思うことがある。それなら、その思うところは文章化してみよう。それを忠実に一年間続けてきた。うまくいったか? 書くことはできた。読んでどうだったかは読者の判断だ。

 今年の秋で、このブログは十周年となった。
 始めたのは2004年の9月。その時には、サッカーを生で見たことは一度もなかった。サッカーにはど素人。無茶苦茶である。初めてサッカー場でサッカーを見たのは2005年5月の横浜M-清水戦。この2005年は1ステージ制の始まった年にあたる。2004年以前もJリーグをテレビで見てはいたのだが、優勝争いよりも残留争いを熱心に追っていた。残留争いは優勝争いと違って2ステージ制ではなく通年制だったのでわかりやすかったからだ。
 というわけで1ステージ制終了とともに、このブログも第一部完。

 十年を通じてこのブログを読み続けていた人がいるのだろうか?
 カウンターが概ね百人という状況が続いているけれども、おそらく入れ替わっているのだろう。
 身勝手でマイペースなブログを見ていただいてありがとう。正直、何が面白くて読んでいただいているのかわからないのだが、感謝している。では良いお年を。


 次回更新は1月4日以降になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
集大成終了 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる