折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本大学選手権決勝 流経大1−0関学大 愚直な大学サッカー

<<   作成日時 : 2014/12/24 19:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 その前に高円宮杯U-18を見たせいで、ユースと大学を比較したくなった。
・ガタイはもちろん大学生がいい。
・技術的にはユースのほうがいい。連動性もユースが上。
・高円宮杯は、若い人だけでJ1の試合をやっているような感じ。大学選手権はJ2の試合に似ている。大学サッカーの方が愚直。

 大学サッカーというのは18歳でプロになれなかった人たちがやっているという見方もある。才能という点ではユースからトップチームに直接上がったほうが高いのだろう。
 ただ、ユースから直接トップに上がったから成功するとは限らず、大学サッカーをしているうちに追い越す例は多くある。要は出場機会なのだ、という話もよく聞く。
 それなら、大学に行けば出場機会は多くなるのか?
 大学でレギュラーを取って試合に出られれば、Jリーグで試合に出られない人よりも成長するでしょうという意見は認めてもいい。ただ、大学に行けばいいというものではない。サッカー名門大学の中には、Jリーグクラブよりも選手数が多い所があったりする。大学によっては、大学でレギュラーを取るのもそう容易ではない。
 というわけでサッカーのために大学に行くのなら自分の力が伸ばせるレギュラーが取れそうな大学に行こう、という話にもなる。ただ、レギュラーが取れそうな大学でセレクションにかかるのか、というのが別の話としてある。何を言いたいかというと、どこに行っても競争はついてまわるという話。

 さて試合。
 前半はルーズボールを拾っていた関学大が有利に見えた。しかし後半は流経大のほうがボールを繋げていて有利に見えた。それならどちらが勝ちそうかというとよくわからなかった。
 得点は87分江坂。右サイドでボールを持ってカットインしてシュート。シュート直前まで入りそうな雰囲気はなかったように感じた。ただ、ゴールキーパーがファーに意識が行っていたこと。ディフェンダーの股を抜いたことでブラインドになったこと。この二つでゴールキーパーが逆を突かれた。ボールはニアサイドに吸い込まれていった。

 流経大は華麗でもなんでもなかった。しかし、愚直で泥臭い大学サッカーをやりきって勝った。
 おおいにこの初優勝を称えたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本大学選手権決勝 流経大1−0関学大 愚直な大学サッカー 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる