折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本0−4ブラジル それはそうなるよ

<<   作成日時 : 2014/10/15 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まず日本代表のスタメンを見て、おかしいと思った。アギーレ監督が何をしたいのかわからない。少なくともブラジルに勝つ気がないのはわかった。
 アギーレ監督のサッカーはアンカーが要になっている。4-1-2-3の1だ。ここに走れて読めて繋げて何より守れる人間がいないと全てが破綻する。その1の所で、森重も細貝もここまでは機能していた。
 例えば今回長谷部を呼ばないのは彼にアンカー特性が無く、それなら2の所だが柴崎ら他に2の位置に起用したい選手がいて呼ばなかった、ということかと考えていた。

 その肝心な「1」のアンカーに田口? 名古屋の試合を見る限り、田口がアギーレ型アンカーに向いているとは思われない。
 本田も先発から外したから前でボールが収まらない。となればブラジルは好きなように攻められるだろう。
 だから0-5ぐらいの得点差は覚悟した。0-4ですんだのだから、思ったよりはうまくいったか。
 いや、ブラジルはコンディションが悪かったのか、流しているように見えた。ここというピンポイント、つまり日本のわかりやすい致命的なミス、の時だけ前に出てきて確実にゴールを奪っていった。それが4回決まった。4回ともネイマールだった。

 長友を出さなかったのはジャマイカ戦で致命的になりかねないミスをしたからだろうか。
 それで出てきた高徳がネイマールにしてやられて一失点目。解説の金田氏は塩谷がなんとかしないとと言ったが、塩谷だって背中に目があるわけではない。
 その塩谷は、ジャマイカ戦ではほぼノーミスだった。しかし、このブラジル戦ではミスが目立った。ブラジルの能力が高いのはもちろんだが、アンカーの所で止められないのでセンターバックの負担が重いというのがある。
 前半よく一失点ですんだとも思うが、ブラジルが流していたので日本が一点で抑えたとも言い切れない。

 後半本田が出てきて日本の前への意識が高まった所でさらに点を取られた。ブラジルは堅守速攻が得意なのだ。日本が攻撃すればするほど逆襲される。
 相手の壺にはまりすぎていて書くのが億劫になる。前めの選手はそれなりに頑張ったと思うけれども、ちょっとでも取られ方が悪いと後ろがあれだから。
 つまりこれは約束された敗戦だ。相手はブラジルだ。練習試合ではない。そこでこのメンバーなら当然そうなるよ、と。
 致命的な人選ミスは早めにやりつくしたほうがいい、とでも考えて納得するか。

 それにしてもこのスタメンはわからない。ブラジル相手にまるで大学生相手の練習試合を組んだような。
 ここまでアギーレ監督の考えを理解しようとしてきたが、そんなことは諦めたほうがいいのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本0−4ブラジル それはそうなるよ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる