折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府1−0鳥栖(生観戦) 5/17以来の甲府勝利

<<   作成日時 : 2014/09/14 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この試合を見に行こうと思ったのは8月初めに遡る。当時、鳥栖は首位だった。優勝するかもしれないチームだし見に行こうと調べたら、9月に中銀スタで甲府戦があった、というわけだ。そう言えば、鳥栖の試合はこれまでサッカー場で観戦したことがなかった。あのロングボール攻撃は実際にはどのように見えるのだろうと興味があった。
 などと考えていたら、ユン監督が退任して泡を食った。その時の感想は2週間以上も経ってからここに書いている。
 この甲府-鳥栖戦の前、鳥栖は首位ではなかったが2位で、もちろん優勝争いの渦中にあった。一方の甲府は尻に火のついた15位。鳥栖も甲府もプロビンチャであるのにこの差はなぜであろう。貧乏蹴球団なのは同じだ。鳥栖元監督のユン氏に、城福氏がそれほど能力が劣るとは思えない。フロントも同様だ。ならば戦術か。Jリーグはそれほどロングボールハードワークに弱いのか。
 いろいろ考えたのだが、サッカー場の差が大きいのかな、という気がする。専用スタジアムのベアスタと陸上競技場の中銀スタでは、サポーターも選手も張り切り具合が違うのではないだろうか。

 今年は昨年より秋が来るのが早い。試合開始は午後6時半だったが、長袖一枚で肌寒く感じた。同じ格好でも横浜国際ではちょうど良かったから、甲府は日が落ちてから冷えるのが早いとも言えるだろう。
 私の席はバックスタンドアウェー側自由席。観客があまり入っていないように感じた。発表では10352人。昨年の同時期、9/14(土)の鹿島戦は15137人。やはり減っている。甲府は残留仕様で守備的な面白くないサッカーをしているし、しかもそれで勝てていない。減ったのはそのためではないか。
 一方、鳥栖サポは目算でざっと300人くらいゴール裏に来ていた。遠い所にしてはずいぶん多く来ている。これも優勝争いで気分が乗っているからだろうか。

 甲府
GK: 荻、DF: 青山直・山本英・佐々木、MF: 松橋・新井・保坂・阿部翔、FW: 河本・盛田・クリスティアーノ

 この日のボランチに保坂が入った。河本は久々の先発。

 鳥栖
GK: 林彰洋、DF: 丹羽・小林久・坂井達・安田、MF: 水沼宏・高橋・藤田直・キムミヌ、FW: 早坂・豊田

 サプライズ日本代表の坂井達弥がスタメン。菊池はベンチにもいないがどうしたのだろう。

 試合開始。

 阿部翔が早い時間帯にシュートを打ったりしていたが、どちらも後ろに重心があって堅い展開だった。考えて見れば両チームとも水曜日に天皇杯を戦って中二日だ。
 鳥栖はやはりロングボールを多用し、甲府のほうが繋ぐ意識は高い。ただし、甲府はミスが多く、繋ごうとしてもボールをなかなか前へ運べない。ロングボールでゴール前までやってくる鳥栖の方がまだ点の入りそうな雰囲気を出していた。しかし、それも雰囲気だけで前半は0-0で終了。
 恐らくはロースコア。1点を先に取った方が勝つのではないか。そんなことを思った。珍しいことに、この予感が当たった。

 53分、甲府のコーナーキック。クリスティアーノの蹴ったボールはゴール前へ飛んだ。ボールが動いていつのまにかそれがゴールインしていた。場内の映像を見ると、鳥栖ディフェンスがクリアしたボールが盛田の頭に跳ね返ってゴールに入っていた。
「たまたまだな」
とは、私の席の前のおじさんの感想だ。
 90分まで、まだ37分ある。鳥栖の反撃が、と思ったが、結構、その後の甲府も攻撃が出来ていた。しかし鳥栖の守備も堅い。
 林は背が高い。坂井達は確かに左足で蹴っている。安田は痩せた。豊田のポストはやはり強力。水沼宏太はどこにいたのか、顔がはっきり見えるテレビとは違い、サッカー場で水沼をシルエットで判別するのは難しかった。
 強力な豊田ポストだが、競り合いでは豊田が勝っても、その落としたボールを甲府はよく拾えていた。その豊田は62分に谷口と交代。
 37分は長かった。しかし、刻々と時間は過ぎた。鳥栖の吉田監督は早坂に代えて福田、水沼宏に代えて池田と前めの選手を代えていく。しかしなかなか決定機に至らない。
 ついにロスタイム3分も過ぎて試合終了。
 実に5月17日以来のJリーグでの勝利。甲府サポーターは喜びを爆発させた。
 調べて見たら私がサッカー場で今年見た甲府の試合は2勝2分。一度も負けていない。

 サッカー場を出ると、
「誰だ、ラーメン屋って言ったのは」
と声が聞こえた。盛田のヒーローインタビューだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府1−0鳥栖(生観戦) 5/17以来の甲府勝利 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる