折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア大会 日本4−0パレスチナ 勝てる試合に勝つ

<<   作成日時 : 2014/09/26 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 パレスチナサッカー代表の試合を見るのは初めてである。
 事前に成績を調べてみた。フル代表はAFCチャレンジカップ2014で優勝した。キルギス・ミャンマーに勝ち、モルディブと引き分けグループリーグを1位通過。決勝トーナメントではアフガニスタン、フィリピンに勝利した。ここで優勝したことから、2015年アジア杯の出場権を得た。
 一方、このアジア大会ではグループC。オマーン、タジキスタンに勝利した後、シンガポールに敗れたが1位で通過した。
 さて、ここまでの記録はともかく、実際の力はいかほどであろう。

 試合が始まって5分くらいのところで、よほど間違えない限り日本が勝つと予想した。パレスチナは前からボールを奪いに来て日本選手を囲むが、あっさりかわされてパスワークで逃げられていた。走り勝てるほどのプレッシャーはかけられていないし、パスワークも大したことはなく日本のゴール前までは運べない。カウンターはそれなりに鋭いが、そこの対応さえ間違えなければ問題ない。
 90分通して見たが、最初の5分間の予想と大差はなかった。

 日本の先制点は17分。サイドからゴール前へ狭い所でボールを動かして最後は遠藤が決めた。2点目は27分。コーナーキックのボールを一度キッカーの原川に戻して、クロスにフリーの武蔵がどんぴしゃり。前半から2-0。
 後半はパレスチナが前に出てきた。圧迫されるが最終ラインとゴールキーパーでボールを回してパレスチナに決定打を打たせない。そこに逆襲。ボールを前に後ろにとつないでからフィード。荒野が裏を取って左サイドからそのままシュート。75分。勝負はここで決まった。というか、パレスチナの心が折れた。
 82分に駄目押し。野津田が裏に飛び出してパレスチナGKがかろうじて体にボールを当てたがそこに飛び込んできた原川が押し込んだ。

 勝てるゲームを確実に勝った。次の相手は韓国。ここが正念場となろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア大会 日本4−0パレスチナ 勝てる試合に勝つ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる