折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府0−0仙台(生観戦) 互いに決定力なく決定せず

<<   作成日時 : 2014/08/10 15:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 台風の影響で甲府市内は今にも雨の降りそうな厚い雲に覆われていた。前日までの猛暑とは打って変わって気温は上がらず、記録では25.3℃に留まった。
 甲府も仙台も中断明け後1敗3分と勝利が遠い。降格圏でこそないものの、背筋が薄ら寒い状況となっている。観客が8523人と少ないのは台風のせいか、甲府が勝てていないせいか。

 甲府
GK: 荻、DF: 青山直・山本英・佐々木、MF: ジウシーニョ・新井・稲垣・阿部翔、FW: 石原・阿部拓・クリスティアーノ

 マルキーニョス・パラナは負傷離脱。代わりに石原がスタメン。

 仙台
GK: 関、DF: 菅井・広大・鎌田・石川直、MF: 太田・富田・角田・梁、FW: 赤嶺・武藤

 右ひざを痛めたウイルソンの代わりに武藤スタメン。控えのGK桜井に甲府サポから拍手。彼は2007-08年、山形から甲府にレンタル移籍していた。
 仙台に移籍してきた村上・野沢・ハモンが早速ベンチスタート。

 試合開始。

 ボールは仙台が持っていた。マルキーニョス・パラナのいない甲府は、ボールを最前線まで運ぶことができない。逆に仙台は菅井・太田の右サイドからの攻撃が目立っていた。涼しいのが仙台に良かったのか。といっても、5-4のブロックを築いた甲府を崩しきるほど仙台が攻撃出来ていたわけでもなかった。
 仙台が何度かシュートを放ったが入らない。それが前半終了間際、甲府がカウンター。ジウシーニョの右からのクロスに阿部拓ヘッド。しかしGK関が飛び出し弾き出して前半は0−0。

 ハーフタイム、トイレに行っている間に花火が上がった。トイレから出たら終わっていた。大体、ホームチームがいろいろ行ってくださるイベントは、私と関係なく通り過ぎてしまうことが多い。

 後半の頭から、甲府は阿部拓に代えて盛田。
 前にターゲットが出来て流れが甲府に行った。といっても4-4のブロックを築いた仙台を崩しきるほど甲府が攻撃出来ていたわけでもなかった。クリスティアーノが何本だったか沢山打ったが決まらない。
 武藤がディフェンスを背にしながらシュートを放ったのは何分だったか。
 62分頃から雨が降ってきたので合羽を着た。

 赤嶺が誰と接触したわけでもないのに負傷。66分、柳沢に交代。
 78分、太田に代えて野沢登場。ミドルシュートを放つが入らず。
 コーナーキックに角田ヘッドはポスト直撃。
 ロスタイムに野沢クロスに柳沢は荻のナイスセーブ。
 残り5分でハモンも出てきたのだが、どんな選手なのかわからず。

 結局、どちらも決め手を欠いてスコアレスドローに終わった。点を取れば点を取られ、点を取られなければ点を取れない。両軍とも似たような試合が続いている。
 中断明け後、共に1敗4分。順位も仙台13位、甲府14位。仲がよろしいことだ。

 ベガルタの話だが、野沢を生かそうとなれば、赤嶺も怪我をしたようだし、ワントップはありかもしれない。野沢・梁・太田を2列目に並べれば、アーノルド前監督が試みたものとはまた話が違ってくるだろう。


 次回更新は8月17日以降になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府0−0仙台(生観戦) 互いに決定力なく決定せず 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる