折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 大宮1−3鳥栖 より状態の悪いのは大宮

<<   作成日時 : 2014/08/24 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 鳥栖のユン前監督が契約解除となったのは8月7日、吉田新監督の就任は8月8日。
 もちろん驚いた。
 昨年の大宮でのベルデニック監督の解任も驚いたのだが、周辺情報を鑑みるに「よっぽど監督と現場スタッフ、監督とフロントの仲が悪かったのだな」と思われたし、大宮自体も連敗が始まっていて首位から滑り落ちていた。しかし鳥栖は当時首位だった。昨年の大宮と違って滑り落ちる兆候は無かった。今回の鳥栖と比較したら昨年の大宮の方がまだ理解できた。
 そこで鳥栖の永井強化部長の会見動画(佐賀新聞)を見た。しかし、却ってわからなくなった。フロントと監督の確執は否定されていた。やめさせるに十分な理由は、会見を聞いても見当たらなかった。
 ユン前監督に他から引き抜きがあったとか、金銭上のもつれがあったとか、あるいはユン監督のままならベアスタを爆破すると脅しがあった、とか言ってくれればまだ納得できる。しかしそんな納得できる理由はなかった。
 その後、鳥栖は吉田新監督のもと2連敗した。わけのわからぬ監督契約解除のあとではもちろん選手に動揺があっただろう。これでは鳥栖に、昨年の大宮よりも酷いことがおきても不思議はないと思っていた。

 大宮はその鳥栖をホームに迎えた。
 こちらは今季酷い状況にある。順位は下から2番目。第12節F東京戦に1-0で勝ってから4敗4分。第4節仙台戦で大宮が4-0で勝った時は、「今年の大宮は強いぞ」と思ったものだが、あれは幻だったのか。あるいは当時の仙台は現在の大宮よりも酷い状況だったのか。
 ディフェンダーが何人も怪我しているという話は聞いた。この試合でも高橋祥のアクシデントがあった。大熊監督解任の噂もあったが、現在も監督を続けている。
 この試合は、大宮と鳥栖、どちらの状態がより深刻なのか、という戦いでもあった。

 69分、左サイドを破った豊田が鋭い切り返しからディフェンダー二人を置きざりにして、ゴールライン近くからクロス。ゴール右に走り込んできた水沼宏が飛び込んで勝ち越し。1-2となった。
 この69分までは、どちらが勝っても不思議ではなかった。大宮の右サイドは鳥栖の左サイド、キム・ミヌに先制点も含めて何度も破られていた。一方で大宮の攻撃手、ズラタン・ムルジャ・家長は能力が高く、何度も鳥栖ディフェンスを脅かしていた。
 だが69分以降は、時間が経つごとに鳥栖が走力で上回り、勢いを増してきた。大宮はズラタンがポストに当てたシュートなどがあったものの、勢いが無くなってきた。大宮が走り疲れてきたというよりは、駄目だ、また駄目だと、諦めが出てきたように見えた。
 前半にズラタンが蹴ったPKが入っていれば、というのはある。しかし、今にして思えばあのコースも甘く弱いPKシュートは、入れてやるという意欲よりも、枠に入れなければというプレッシャーがより強かったのではないだろうか。それでは林にセーブされても不思議はない。

 結局、より状態の悪いのは大宮だった。順位通りである。鳥栖は首位まで勝ち点1差に詰め、大宮は最下位まで勝ち点4差となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大宮アルディージャと鳥栖の試合を大宮公園スタジアムで観てました。
何故、負け続けの監督を起用し続けるのか理解不能です。
大宮生まれ、大宮育ち、大宮在住の私には耐えられない屈辱です。
打開策はないのでしょうか?
埼玉仙人
2014/08/29 21:45
私はサポーター気質が無いので、監督を観客が決められるわけではないし、とあっさりあきらめます。クラブを我が事と思うほどそうもいかないでしょうね。ベガルタやヴァンフォーレを見てきたので、J2に落ちるのはこの世の終わりではなくサッカーはまだ続く、とも思います。ですが、大宮のようにしぶとい残留を続けた所だとそう簡単に割り切れないでしょう。サポーターに出来ることは応援ですから、まず今日の浦和戦に集中しましょう、としか言えないです。
水谷秋夫
2014/08/30 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
大宮1−3鳥栖 より状態の悪いのは大宮 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる