折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島5−2柏 柏が柏戦で初ゴールなど

<<   作成日時 : 2014/07/24 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 広島は前節3点差を追いつかれてドロー。一方の柏は豪雨の仙台戦で0-0のドローだった。もちろんすっきり勝ちたいところである。
 試合開始から柏は厳しく前からチェックをかけてきた。中盤からボールが出て寿人が抜け出す、という広島得意のパターンがある以上、ボールの出所を抑えようとした策であろう。
 ただ、熱心に前から追っているにもかかわらず、後ろのほうでは肝心な時に寿人をディフェンダーが見失っている場面が見られた。

 先制は11分の柏、工藤の水本押しのけゴリゴリ前進が効いた。
 22分の広島、寿人から石原にボールがわたり、寿人にボールが戻ってきた時には寿人がフリーだった。同点。 31分の広島、高萩のフリーキックが決まって逆転。
 前半終了の時点で2-1だったが、柏のプレスが効いていて形勢的には互角に見えた。

 55分の柏、レアンドロが出したボールがゴールラインを割りそうだったが、大谷が拾い上げ、ファーで待ってたのは狩野。ヘディングシュートが決まって同点。
 だが、ここから広島の得点が続く。
 61分、左サイドで抜け出した柏好文を柏ディフェンスは誰も寄せに行かなかった。そのまま柏のシュートがゴール右に決まった。柏のシュートは素晴らしいが、柏の守備は論外。ディフェンダーがディフェンスをしていない。
 71分の皆川のシュートも柏好文が左サイド奥に入り込んだところから生まれた。この時点で、柏レイソルにはドリブラーを止めるだけの体力が無くなっていた。この試合で柏は5枚の警告を受けている。ファウルでなければ止められなくなっていたのだ。
 90分に森崎浩の駄目押し。 

 柏レイソルが後半に動けなくなったことについては、アウェーということもある。しかし前節、雨中の消耗戦によるダメージが大きかったのではないか。それでいながら前半はチェックのために走り回っていたのだから、後半には広島よりも早くガス欠になるのも道理。試合運びに疑問が残るところだ。
 一方の広島は大勝したとは言え2失点。さらにもう2点くらい取られてもおかしくない危機があった。この試合で復活とか安心とは言えないだろう。

 おや、広島の次節は柏好文の前所属、甲府戦。どちらが勝ってもまた柏が話題になりそうで楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島5−2柏 柏が柏戦で初ゴールなど 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる