折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯3位決定戦 ブラジル0−3オランダ ブラジルが情けなく終了

<<   作成日時 : 2014/07/13 13:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ブラジルW杯であるから、このW杯の主語はブラジルである。
 メッシがどうとかミュラーがどうとか言う前に、まずブラジルが情けなく敗れた大会として記憶されるだろう。

 試合開始直後から、ブラジルはGKまで追い回すような激しいプレスをかけてきた。
 レベルの低い相手なら、ここで慌てたディフェンダーがミスして早々に得点ということもあり得ただろう。しかし、オランダはそんなレベルではなかった。ブラジルのプレスをかいくぐって逆襲に転じた。
 ロッベンが抜け出してチアゴ・シウバが倒した。チアゴ・シウバがロッベンの肩に手をかけたのはペナルティエリアの外だったが、ロッベンが踏ん張って倒れたのはエリア内。PK。ファン・ペルシが決めてオランダ先制。まだ3分しか経っていなかった。

 その後もブラジルが追い回し、オランダがかいくぐる展開。17分、ロッベンのスルーパスに抜け出したデ グズマンが上げたボールはダビドルイスが跳ね返したが、そこにいたのがブリント。
「ここに人(ブラジルのディフェンダー)がいないわけですからねえ」
 解説は清水氏。オランダ2点目。

 そこからオランダは9人引いて守り、時折、ロッベンがカウンターをかけた。3位決定戦でもロッベンは90分間、元気だった。彼がMVPでも私はいいと思う。
 ブラジルは攻めあぐねた。ボールを持っている人しか動いていない、とは清水氏の解説である。あるいは、オスカルしか走っていないと。ブラジルが主語なものだから、清水解説はどんどん陰気になる。
 91分、ロッベンが持ち込んで、右サイドをヤンマートが駆け抜けて、ボールを中央に送った所にフリーのワイナルドゥム。3点目。清水氏30秒沈黙す。

 ドイツに大敗した時、チアゴ・シウバがいれば、という意見があった。いてもこんな具合だったのではないか。ブラジルは情けなく終了した。
 このW杯はあるいは、ネイマールが最後までいれば、と語られ続ける大会になるかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
W杯3位決定戦 ブラジル0−3オランダ ブラジルが情けなく終了 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる