折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸2−1F東京 スリリングなゲームは神戸が逃げ切る

<<   作成日時 : 2014/03/16 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKは第1節でG大阪、2節で徳島。というわけで3節は残る昇格組、神戸のホームゲーム。神戸もF東京も2戦して未勝利。初勝利が欲しいところ。
 ゲームの入りは神戸のほうが良かった。だがサイドで徐々にF東京が優位に立ち、ゲームを支配していく。前半はスコアレス。

 試合は思わぬ形で動いた。52分、F東京右サイドで徳永が松村に対峙していた。そこに東が助けに来てボールを奪った。ところが、その東のバックパスをペドロジュニオールがかっさらった。ペドロジュニオールはGK権田をかわしてマルキーニョスにパス。マルキーニョスがゴール。東やってもうた。
 神戸は丸にRのユニフォーム。マルキーニョスは18番だから、R18。
 勢いに乗る神戸。62分、松村がドリブルして森岡にパス。森岡はディフェンダー二人の狭い隙間を通してゴール右隅にシュート。2点目。
 この日は松村のドリブルが効いていた。それにしても森岡のシュート精度は素晴らしい。もっともこの日この後に、もっと簡単そうなシュートがあったのだが外していた。

 2点取られてからF東京の反撃。67分、左サイドライン際の東から三田にボールが渡り、その三田がスルーパス。米本が受けようとしたがわずかに届かずそれが良かった。米本の前をスルーしたボールはゴール右前にフリーで入り込んでいたエドゥーのもとへ。エドゥーのシュートが決まった。一点差。

 その後攻めまくるF東京。スペースを消してその攻撃を受け止め、カウンターをかける神戸。
 92分のF東京、途中出場・河野広貴のシュートは惜しかった。東京Vの伝統を継ぐドリブラー、河野らしい河野を久々に見た気がする。しかし2-1のままゲームセット。

 終始スリリングで面白いゲームは、神戸の初勝利に終わった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸2−1F東京 スリリングなゲームは神戸が逃げ切る 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる