折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府0−1浦和(生観戦) ヴァンフォーレ国立で敗れる

<<   作成日時 : 2013/07/07 13:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 甲府ホームの試合だが、国立競技場で行われた。甲府対浦和の甲府ホームの試合は、初対戦となった2006年、小瀬で17000人を集めた。下の三桁が0なのは多すぎて混乱して正確にはよくわからなかった、ということなのだろうか。ともあれこの17000人は現在でも中銀スタの最多観客数記録となっている。その後、甲府ホームの浦和戦は国立競技場で行われている。
 かつて浦和はJリーグブームの時も駒場開催にこだわり、それが観客数の増加に繋がったと聞く。甲府のシーズンチケットを持つ人の中には、中銀スタなら行けるけれども国立なら行けない、という人もいただろう。そんなわけで私は甲府ホーム試合の国立開催には反対だ。しかし、仕方がなかろうとも感じている。この、浦和サポーターが大挙して訪れることで得られる金銭は、甲府のような貧乏蹴球団には無視できないものなのだ。

 千駄ヶ谷駅で降りて国立競技場まで歩いた。暑い。この日の東京は最高気温33.0℃、18:00でも29.5℃。本格的に夏が到来した。
 国立競技場の中に入ると大音量。太鼓とドラムのライブが行われていた。ライブは良いのだが、音が大きすぎるのではないか。私の席はメインスタンドホーム側自由席。中に入ってみると、浦和サポーターの数が多いのは予想していたが、甲府サポーターがそれほど数で負けていないと感じた。3割〜4割は甲府サポのように感じられた。
 甲府ホームだから国立競技場のトラックに甲府スポンサーの看板が大量に置かれていた。国立のトラックは置きがいがあるぜ、などと甲府のスタッフが思っていたかどうか、はて。

 甲府
GK: 河田、DF: 福田・青山・土屋・佐々木、MF: 柏・伊東・山本・水野、FW: 羽生・平本

 土屋のところで浦和サポーターからブーイング。当事者が新潟に去ってもまだ忘れていないらしい。伊東は今季初先発。7月で退団が噂されているウーゴはベンチスタート。城福監督が出場停止のため、選手紹介の後に渋谷コーチが紹介された。柏はJリーグ100試合出場とのこと。ちなみに中断前、甲府は三連敗。

 浦和
GK: 加藤、DF: 森脇・那須・槙野、MF: 平川・阿部・啓太・梅崎・柏木・原口、FW: 興梠

 甲府の選手達も名前だけならそんなに負けていないのだが、名を売った時期が何年十何年も前の人が結構いて、などと思う。

 試合開始。

 予想されたことだが、浦和が攻勢を取った。甲府は簡単にボールを奪われては危機に陥った。だが、なかなかゴールは割られない。すんでのところでディフェンダーがクリアする。連続コーナーキックは何連発だったか。
 右からのクロスに興梠が飛び込んだが、伸ばした足にあと少しで触れず、ボールはころころとファーへそしてゴールラインを割って、という場面は記憶に残っている。絵になる光景だった。
 浦和はリスクを負って攻撃するスタイルなので、甲府に好機が全くないわけではない。だが、浦和浦和浦和甲府浦和浦和浦和甲府、という感じだろうか。0−0で良かったという空気が甲府側に漂いつつ前半終了。

 後半途中で入場者数28906人と発表があった。国立でやったのだから三万人は越えてほしかった。
 後半も主に浦和が攻める展開は変わらない。しかし、ゴールはなかなか入らない。土屋がボールを持つたびに浦和サポーターからブーイングがあるのだが、この日の土屋は守備で大活躍。何度も危機を救っていた。
 時々、甲府の好機もあった。しかし、柏のシュートが枠外に飛んだりしてこちらも決まらない。
 甲府GKの河田はリスタートを急がず、ボールを持ったりゴールキックの時には時間をかけて落ち着かせていた。勝ち点1でもよしとしていたようだ。

 しかしそろそろ残り時間が少なくなってきた83分、ついに均衡が破れた。浦和左サイドから梅崎がなんでもないようなクロス。それをゴール右で誰かが頭に、と思ったらボールはゴールの中に転がっていた。決めたのは那須。なぜそこに那須がいたのだろう。
 その後は甲府が前がかり。カウンターから何度か浦和に絶好機があったのだが決まらず。0−1で試合終了。

 よく守っていただけに、甲府側からすれば勝ち点が取れず残念な敗戦だった。だが、実力通りの力負けでもある。
 これで甲府は中断をはさんで4連敗となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府0−1浦和(生観戦) ヴァンフォーレ国立で敗れる 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる