折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋がケネディの東アジア杯出場を拒否

<<   作成日時 : 2013/07/23 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 アーセナル-名古屋戦を見た。アーセナルのコンディションが割に良く、アーセナルと名古屋の本気度も比較的高く、けっこう面白かった。
 名古屋選手の中にはケネディもいた。楽しそうにプレーしているように見えた。

 ケネディは東アジア杯に招集されていた。しかし、名古屋グランパスはチーム事情により、参加辞退を伝えた。それでオーストラリア代表のオジェック監督が怒っているとニュースになっていた。

 オジェック監督に同情しているわけではないが、これはないんじゃないかと思う。
 日本はオーストラリアと同様に、東アジア杯参加国だ。
 例えば、ザッケローニ監督が小野伸二を招集しようとしたとして、ウェスタンシドニーワンダラーズが拒否したとしたらどんな議論が起こるだろうか。
 小野が招集されるわけがないだろうとでも思うか? それなら増田誓志ならどうか。ザッケローニ監督が増田を招集したい、と考えるのはあり得る話だ。そこで蔚山現代が招集を拒否したら世間ではどう思うだろう。日本からは非難が湧くのではないか。

 名古屋の状況はもちろん知っている。前半戦を終わって12位。降格圏の16位磐田とは勝ち点8の差。とはいっても名古屋は比較的資金のあるクラブだから下位でも同情する気にはならない。が、それはともかく。
 東アジア杯はFIFAの縛りが無く招集拒否をしようと思えば出来る。名古屋は持ちうる権利を行使した。しかし、ストイコビッチ監督は連れて行っていいと言ったらしいし、いったいフロントの誰が拒否しろと言ったのか。相手は当該国だ。ともに東アジア杯を戦う相手に、うちの選手を出さないよ、とは名古屋のエゴ、狭量ではないか。それともケネディは東アジア杯よりもアーセナル戦に出たいと言ったのか。

 と、これは私の意見だ。
 実をいうと、この一件で不思議だなと思うのは名古屋の招集拒否そのものではない。この件に関して議論らしい議論が起きていないことのほうだ。
 2chで少々話題になったくらいか。マスコミはオジェックの怒りを伝えるばかり。是か非かは伝えない。サッカー評論家の弁を目にした記憶もない。私のアンテナが低いのか、話題にしたネットの論者も知らない。

 これは、どうでもいい話なのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名古屋がケネディの東アジア杯出場を拒否 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる