折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS F東京2−2磐田(生観戦) 長澤暫定監督ロスタイムに追いつかれ初戦飾れず

<<   作成日時 : 2013/05/06 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中二日でまた磐田戦だ。
 別に狙っていたのではない。突然磐田サポーターになったわけでもなければ、森下監督解任後の初戦、長澤暫定監督の采配を物見高く見物しようと思ったわけでもない。ゴールデンウィークは安近短で、と住んでいるところから近いサッカー場に出かけただけである。すると、たまたま磐田戦が続いてしまったのだ。
 と思えば、甲府-東京間にそれほど距離はない、ということに気がつく。磐田サポーターの中に、GWに三泊四日甲府-東京旅行を敢行した人はいただろうか。甲府戦の後は石和温泉に泊まって、二日目はお台場とかスカイツリーとかに出かけて、三日目の子供の日はディズニーランド、四日目に味の素スタジアム、などと。
 この四日間、山梨も東京もおおむね良い天気だったから、旅行だけならいい思い出になったのではないか。サポーターとしては監督交代という事件があったけれども。

 F東京
GK: 権田、DF: 徳永・森重・加賀・太田宏、MF: 高橋・米本・アーリア・東・ルーカス、FW: 渡邉

 磐田
GK: 川口、DF: 駒野・伊野波・チョ・藤田、MF: 田中裕・小林裕・山田大・山本康、FW: 金園・前田遼

 注目の磐田、フォーメーションは甲府戦の3バックとは異なり4−4−2になっていた。4−4がフラットに並んでブロックを作るオーソドックスな4-4-2だ。
 F東京はボールを持ってもこの4-4-2を攻めあぐねた。磐田は攻から守への切り替えが早く、F東京攻撃陣がバイタルエリアに侵入しても容易に前を向けなかった。なかなか隙が突けない。
 逆に磐田がF東京の隙を突いた。29分、駒野のコーナーキックはファーでフリーだった、いやフリーだったわけではないがフリーのようにヘディング出来た、伊野波の頭にぴたりと合った。磐田先制。
 さらに40分、駒野のクロスに後ろから上がってきた小林裕が受けて、直後にシュート。決まって0-2。
 長澤暫定新監督、なかなかやるではないか、の展開で前半終了。

 観客は28,565人。味の素でGWで暑いくらいの好天で、となればもう少し入ってもいいような気がする。人身事故の影響で京王相模原線が一部不通になっていたが、その影響はあっただろうか。

 後半、F東京は攻めなければならないのだが、4-4ブロックを攻めあぐねる展開は変わらなかった。このまま磐田が勝つのかな、と後半の出だしではそんなふうに思っていた。
 59分、加賀とルーカスに代えて李と石川。石川は4-4ブロックを苦にせず縦に入ってくる。なかなかつかまらない。このあたりからF東京が徐々に押し込む展開になってきた。
 72分、渡邉に代えて平山。この交代が生きた。73分、ペナルティエリア内左側でボールを持ち込んでキープした平山がボールを中央に戻すとそこにいたのは石川直。シュートが決まった。一点差。

 このゴールの直後、駒野の右からのシュートがポストを叩いた場面があった。惜しいシュートだったのだが、この駒野のシュート以降、磐田はほとんど攻めていない。F東京の勢いを受けてしまってほぼ防戦一方になってしまう。
 2−0は危険な点差だという。正確に言えば2−0が危険なのではない。2−0が2−1になってしまった時が危険なのだ。残り1点差を守らなければ、という心理が、かえって危機を呼び込んでしまう。
 例えば83分、左サイドを抜けたように見えた前田遼が、中に切り込むのかクロスを入れるのかと思ったら、コーナーフラッグの所まで行ってキープしようとした。まだ7分もある。磐田には守りきって勝ちたいという焦りがあったように感じられた。

 磐田ゴール前で何度も続く攻防。アディショナルタイムは4分の表示。これを磐田は耐えられなかった。93分。ゴール横からのクロス、今度そこにいたのは李忠成。同点。盛り上がる味の素スタジアム。ほどなく試合終了。

 甲府-東京、磐田サポ三泊四日の旅は監督解任勝ち点1。
 そんなサポーターが本当にいたかどうか知らないが、いたとしたら心理的に大変な旅であったろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F東京2−2磐田(生観戦) 長澤暫定監督ロスタイムに追いつかれ初戦飾れず 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる