折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS C大阪1−2大宮 大宮が10人で勝ち無敗タイ記録

<<   作成日時 : 2013/04/14 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大宮は毎年のように残留争いをしている。
 現在のベルデニック監督がベガルタ仙台監督だった頃を知っている。
 そんなわけで、無敗が続いているらしいと言われても、そう簡単に信用できるものではない。さて、大宮の強さは本物なのか。

 大宮の戦術は決して特殊なものではない。最終ラインを高く保って、前から後ろまでコンパクトにする。それでボール奪取やパス交換で有利になろうとするシステムだ。
 ただ、この戦術だと最終ラインの裏が広く空いている。ここが弱点になる。ここを突くためには、スルーパスを裏に出す、クロスを最終ラインの裏に入れる、ロングボールを最終ラインとゴールキーパーの間に落とす、という策が有効になる。
 セレッソ大阪はそれを終始狙ってきた。大宮の戦術とC大阪の対応を見る限り、論理的な戦いが繰り広げられた。

 大宮はC大阪の攻撃に対して、多くの場合適切に対処した。大宮は自分の戦術の弱点がよくわかっている。相手がどこをどう狙うかもわかっている。わかっていることをやられている間には対処もしやすい、ということだろう。攻守の切り替えが早く、最終ラインの裏のケアがほとんどの場面でうまくいった。後半途中で高橋祥平が主審への抗議で愚かにも退場したが、その後もほとんど破綻しなかった。
 唯一の失点はジーニアス・柿谷が扇原のロングボールに呼応して飛び出し、見事に裏を取った場面。裏をかいたとも言うべきか。ただ、この場面では大宮の左サイドバック下平がオフサイドをかけ損ねていた。

 それでは大宮の強さが本物か、というと、まだ信用できない。
 得点場面は金澤慎の意表をついたロングシュートと、ズラタンの個人技によるものだった。金澤のあんなスーパーゴールをそう何度も期待できるものではない。それに、個人技は優れた守備者に封殺されることがある。相手が変わればどうなるかわからない。
 新記録がかかる次節は浦和戦。浦和は守備意識はそう高くないが裏を取る技術の高い攻撃手が揃っている。なかなかスリリングな試合になるのではないかと期待される。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
C大阪1−2大宮 大宮が10人で勝ち無敗タイ記録 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる