折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋1−1広島 消化不良の引き分け

<<   作成日時 : 2013/04/27 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 広島は調子を上げてきたところ、名古屋は上がってきた調子にブレーキがかかってきたところ、らしい。

 広島は右サイド、ミキッチの攻撃力が強い。しかし、そこからボールを中に送ってもなかなかチャンスにならない。高萩と寿人が闘莉王・増川にうまく抑えられているというか、その前に動きが合っていないというか。

 名古屋はケネディのポストが効いていない。一方、田口のプレースキックは危険で、前半コーナーキックから闘莉王、の惜しいチャンスがあったが決まらず。

 そう言えば後半、ミキッチを画面で見た記憶がほとんど無い。前半にダッシュを何本も繰り返していたからか。

 後半早々に名古屋が先制。ドリブルで持ち込んだダニルソンが迫力満点。決めたのはダニルソンのクロスを受けた小川だが、それよりなによりダニルソン。

 そこから名古屋に勢いが出た。

 玉田が抜け出して西川と一対一。浮かせたシュートは西川の伸ばした手を越えられず。
 玉田のシュートを放つまでの超一流ぶりとその後のありゃりゃりゃん。懐かしさが感じられるひととき。
 だいたいこういう露骨な逸機があると、あれが決まっていればという結末になることが多い。

 広島の同点弾のワンタッチパスワーク、闘莉王のパスミス、高萩カット、寿人折り返し、青山左隅シュート。
 美しい。

 その後は追いついて意気上がる広島のほうが勢いがあったか。しかし引き分けで終了。終わってみると寿人の抜け出しもケネディの高さもあまり見られなかった。消化不良の結末。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名古屋1−1広島 消化不良の引き分け 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる