折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島3−2仙台、甲府1−2C大阪

<<   作成日時 : 2013/03/10 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鹿島3−2仙台、厳しさが足りない

 序盤、仙台は鹿島にボールを持たせて(持たれて?)カウンター狙いだった。今年の鹿島メンバーを相手に横着ではないか、と感じた。
 フォワードにはJ2で大活躍したダヴィと進境著しい大迫がいる。鹿島に来て左ウィンガーに嵌ったジュニーニョが突っ走る。出戻りの野沢は精度の高いボールを配給してくる。
 彼らをペナルティエリア近くに呼びこんでは危険だ、前から追わないと、と思う。しかし、仙台はアウェーACLを加えた三連戦の初戦。動かずになんとかしたかったのかもしれない。
 仙台にカウンターからの好機が何度かあったが、危惧した通り、先制点を奪ったのは鹿島。ジュニーニョが復帰直後の菅井をかわしてミドルシュート。バーに当たって跳ね返ったところに野沢がシュート。ベガルタディフェンスが搔き出した所にダヴィ。鹿島自慢の攻撃陣が複数人絡んだ得点だった。鹿島1点リードで前半終了。

 鹿島もあたたかそうだ。春が来た、と思ったら、NHK-BSでは北海道で吹雪による自動車事故があったというニュース。驚く。

 後半1分、いきなり太田が青木をかわして倒れながらファーに流し込む見事な同点ゴール。ほう、と感心していたら、後半2分に大迫、3分にダヴィが次々に決めてたちまち3−1。
 鹿島ゴールは見事なものだったが、スローモーションで見るとベガルタの守備陣が甘い。大迫やダヴィ、あるいはその前の野沢に広大や石川らが厳しく寄せていない。ここでシュートを打たれると予期していないから簡単そうに打たれてしまっている。だが相手はJリーグを代表するフォワードなのだ。
 ただ、そこから先のベガルタの攻撃には、一週間前の甲府戦よりも良くなったものを感じた。赤嶺・ウィルソン・太田・梁らの連携、崩そうとするアイデア、途中出場ヘベルチのラストパスの意外性。しかし、一点差につめただけで終了。
 二点差になってからではなく最初から見せてくれればもっとよかった。ベガルタはJリーグ二戦して勝ち点1。次は中国、江蘇舜天戦。


甲府1−2C大阪、いいチームなのだが

 前半開始早々は、C大阪が圧倒した。柿谷・シンプリシオ・杉本・エジノらが入れ替わり立ち替わりバイタルエリア・ゴール前に侵入して、甲府ディフェンスは恐慌状態に陥った。先制点はその中で生まれた。杉本のスルーパスに呼応した柿谷のゴール。C大阪はこれから何点取るのかと思った。
 しかし、しばらくすると甲府がボールを持てるようになってきた。C大阪の攻撃に慣れてきたのかもしれない。誰が誰につくか整理されたのかもしれない。あるいはC大阪がゲームを落ち着かせようとしたのかもしれない。
 好機を作り出していく甲府を見ていて、いいチームだと思った。センターバックの盛田・土屋のおじさんコンビが踏ん張る。サイドハーフに上がった佐々木が好機に絡む。羽生は細かく動きまわってC大阪ディフェンスの的を絞らせない。金子は一番前で守備に攻撃にと奔走。
 そして"当たり"だったのがウーゴ。佐々木がヘッドで叩きつけ過ぎたボールが転がってきた時、彼はなぜかゴール前でフリーになっていた。同点。

 ハーフタイム、パッカ君が画面に映った。中銀スタは12,116人を集めたそうである。素晴らしい。

 後半、C大阪はシンプリシオとエジノを下げて枝村と南野を入れた。後半開始時はそれでも互角と思われたが、次第にC大阪のほうがボールを持ってるかなあ、好機を作っているかなあ、という状況になっていく。79分、南野のシュートが跳ね返ったところに螢。C大阪勝ち越し。その後、甲府も追いすがるが逃げ切られて終了。
 甲府はいいチームなのだが、だからといって勝つのは容易でない。ただ、見ていて楽しいサッカーをしているから、やっている選手も楽しいだろう。ならばそう簡単にいいチームが悪いチームになって崩壊することはあるまい。ゴール前で棒が8本立っているだけというチームになることは。
 一昨年とは、そこが決定的に異なる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿島3−2仙台、甲府1−2C大阪 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる