折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台2−1柏 ベガルタ今季初勝利

<<   作成日時 : 2013/03/18 18:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 仙台と柏は、拮抗した試合になることが多い。
 柏がロスタイムゴールを決めた試合がある。点の取り合いを仙台が制した試合もある。長所を互いに消しあってスコアレスドローに終わった試合もある。
 この試合も、どちらが勝つかわからない際どい戦いになった。

 立ち上がりの5分、柏のクレオにアクシデント。柏が実質10人になっていた隙を仙台が突いた。梁が持ち込んで右のウィルソンにパス。ボールを受けて裏に抜けたウィルソンは右の浅い角度から強シュート。これはゴールキーパー菅野に防がれるが、ボールが飛んだ所に松下が入り込んでいた。頭で押し込んで仙台先制。
 その後の仙台を見ていると、鹿島戦までとは明らかに守りが変わっていた。人にがつがつと厳しく当たって柏選手達を自由にさせない。鹿島戦のゆるゆる守備が嘘のようだ。江蘇戦の厳しいアウェーを無失点で耐えた経験が生きてきたのだろう。
 前半はその後、谷口や太田等、双方に好機があったが1−0のまま終了。

 52分の柏、左からの山中のクロスにレアンドロが右から入り込んでダイレクトボレー。これがゴール左隅に綺麗に決まって同点。
 そこから仙台は押し込まれた。前半厳しく人に当たりボールを奪いに行っていたためか、仙台のほうが先に足が止まった。この時間帯、明らかに柏のシュート数のほうが多かった。逆転されそうな雰囲気の中、中を固めた仙台はどうにか同点のまま耐えていた。守備の集中は後半も切れなかった。
 勝ったのは仙台。86分、梁のスローインを受けた菅井がボールを浮かせて柏ディフェンダーと入れ替わった。そしてボールを送った先にいたのはフリーでゴール前にいたウィルソン。叩きつけたヘディング。ボールはゴール左に吸い込まれた。その後仙台は柏に何度か攻め込まれたがどうにかこうにか守りきった。

 どちらかと言えば柏が勝ちそうな流れだったが、仙台は何が良かったのだろう。よくわからない。どちらが勝つかわからない拮抗した試合で柏が勝ったこともあるのだから、仙台が勝つこともあるのだろう。
 仙台も柏もナビスコ杯グループリーグは免除なので来週末はお休み。コンディションを整えて、さ来週からの五連戦に臨んでほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台2−1柏 ベガルタ今季初勝利 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる