折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 引退・移籍情報から 第五回

<<   作成日時 : 2013/02/12 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吉原宏太(水戸、引退)
 当時J2の札幌で、岡田監督のもと活躍。トルシエ監督に呼ばれオリンピック代表、さらに日本代表に選出される。コパ・アメリカのパラグアイ戦に日本代表として出場。その後、ガンバ大阪に移籍しガンバのフォワードとして活躍。イケメン選手でもあり、シナリオ付デート番組「恋するハニカミ」に大沢あかね(現劇団ひとり夫人)と出演。しかしその後、ガンバでは大黒らの台頭により出場機会が減少。西野監督の指示に反したプレーをし干されて大宮へ移籍。大宮では必ずしもレギュラーではなく三年で戦力外となり、その時、水戸に請われてホーリーホックへ。四年間在籍中に大怪我などもあった。2012年度限りで水戸退団。
 全部知ってる。
 新鋭の代表選手としてテレビで紹介されるのも見た。恋するハニカミも見た。西野監督に干されたきっかけになった試合も見た。大宮の試合前の練習でさわやかな笑顔を見せていた。水戸に移籍した時、「水戸にとっては1億円の評価をしてくれた」と語ったのも見た。怪我から復帰した時、どれだけホーリーホックサポーターが喜んでいたかも知っている。
 私は吉原ウォッチャーだった。ずっと気になる選手で、ずっと気にしていた。それが引退か。残念だが、怪我で苦しんだ時期が長かったので、なにかほっとしたところもある。
 サッカーを見続けていればまた見かけることもあるだろう。また、会いましょう。

鈴木大輔(新潟→柏)
 柏にとっては良い移籍。しかし新潟にとってはまた若い有力選手が出ていったことになる。
 だが新潟としては毎年のことで、もうこの手の移籍は慣れてきただろうか。これも毎度の新陳代謝ぐらいに思わないとやっていられないかもしれない。

矢野貴章(新潟→名古屋)
 昨年新潟では30試合2得点。新潟の象徴的な選手だったが、感情的な面はともかくそれほど痛くないのではないか。しかし、名古屋では永井の代わりみたいなことを言っているし。いや、彼が名古屋で大活躍したら久米マジックとでも言うべきか。

大黒将志(横浜M→杭州緑城)
 吉原が引退したと思ったら大黒は中国へ。
 いや、マリノスで昨年2点しか取っていないからいなくなっても不思議は無い。岡田監督とも関係が深いし杭州緑城で呼ばれても不思議は無い。無いんだが、やはり驚く。行った時期も時期だし、むしろもっと早く決まったのならそれほどの不思議は無かったのだが。
 まあ、行った以上は活躍してほしいものだ。それしか言えない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引退・移籍情報から 第五回 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる