折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 引退・移籍情報から 第四回

<<   作成日時 : 2013/01/17 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大橋正博(松本、引退)
 驚いた。引退するような年齢だっただろうか。調べてみたら1981年6月生まれの31歳。
 横浜Mが岡田監督のもと二連覇したころの攻撃的ミッドフィルダーだった。得点をそれほど取るわけではないが、敵から見て嫌なところに顔を出して正確なプレーをした、という印象がある。
 怪我に苦しんでいたようでもないし、まだどこかで現役を続けていくのだろうと思っていた。松本で契約非継続となり、トライアウトにも出たがオファーが無かったらしい。
 悲しい。肉体の限界を感じて引退する選手などほとんどいない。大抵は、まだやれる、と思いながらやめていくのだ。

羽生直剛(F東京→甲府)
 大橋より二歳年上なのか。元代表選手は寿命が長い。
 羽生というと思い出すのが、オシムが監督をしていたころの2007年アジア杯。小さい体で走り回って、山ほどの好機を作り、沢山シュートを打って、そのことごとくを外した。DVDを持っているのだが、
「あ、羽生、また外した」
の連続映像は、なにかの悪意を感じるほどだった。
 それが甲府に来るのか。監督も城福さんだし、小瀬のあのなんてことはない陸上競技場で、小さい体で走り回るのか。なにやら感慨深いものがある。

土屋征夫(東京V→甲府)
 38歳。元代表でもないのに長持ち。甲府は守備陣にベテランを取るのが好きなようで。
 Jリーグでは絶滅危惧種となりつつあるファイター。レギュラーを取るのは大変だろうが、彼のファイト溢れるプレーを間近で見たいものだ。

藤田祥史(千葉→横浜M)
 千葉は藤田が個人昇格して、さて誰が点を取るのか。
 一方の横浜Mは彼がハマれば今年かなり有望だろう。ハマれば、だが。

石川直樹(新潟→仙台)
 名前は聞いたことがあるんだが誰だっけ、と思っていたら、仙台の優勝を邪魔した、という手倉森監督の説明を読んで鮮明に思い出したというか、あああ、あいつだ、と。確かに新潟戦で何度か仙台の好機を潰していた。
 本職はセンターバックらしいのだが、朴がいなくなったことだし、左サイドバックでの起用が多くなるかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引退・移籍情報から 第四回 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる