折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸3−3川崎F、について書こうとしたこと

<<   作成日時 : 2012/11/05 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ウェブリログが緊急メンテに入ってしまって、しばらくアップはもちろんコメントもできないという状況になっていた。この間、コメントしたかったかたがいただろうか。いたら今からでもどうぞ。
 10月27日(J1第30節)の神戸-川崎F戦で書きたいことがあった。だいぶ時間が経ってしまったけれども書く。

 風間監督だが、面白いサッカーしてるから頑張ってほしい、と私は思っている。
 でも勝てていないし、川崎Fのサポーターにしてみれば、面白いかどうかは二の次でとにかく勝ってくれということだろう。
 監督の身内の三人にしても、私には特に悪くは無いように見える。非難する気にはならない。でも格段に良いわけではない。
 勝てないんだから、格段に良くない身内に川崎Fサポから非難が集まるのはしょうがないのだろう。
 というわけで、傍から見ている自分と当事者のサポーターでは、全然温度が違うことになっているんだろうな、と考えている。
 選手からは風間監督になってからサッカーが面白いという声もあるので、私は来シーズンに期待している。しかし、とんでもないと思っているサポーターも多いだろう。

 西野監督に代わってからの神戸について。だいぶ時間が経つのに、全然ガンバっぽくなっていない。和田監督の頃と、そんなに変わっていないように見える。
 しかし、西野監督はオリンピック代表監督の時と柏の監督の時とG大阪の監督の時で、それぞれ全然違うサッカーをしている。だから神戸でも全然違うサッカーになるのかもしれない。
 順位は低い。ただ、西野監督は神戸で風間監督ほどの批判はサポーターから受けていないように見える。それは実績のせいなのか、あるいは単に身内を引き込んでいないからなのか。

 試合については、前半に二人のアクシデントがあったにもかかわらず神戸が同点に持ち込んだ。
 試合開始当初は神戸のほうが動きが良かったから、スカウティングも神戸のほうが良かったのだろう。いや、風間監督はそもそもスカウティングは熱心じゃなかったか。
 となれば実質、神戸がよくやった試合だったのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸3−3川崎F、について書こうとしたこと 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる