折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡2−3甲府 祝! 甲府J2優勝

<<   作成日時 : 2012/10/22 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 J2優勝おめでとう。
 シーズン前はプレーオフ圏内に入れるかどうか、ぐらいに思っていたので、己の不明を恥じているところだ。ともあれ、自分の住んでいる所からもっとも近くにあるJチームが、昇格ばかりか優勝というのはめでたい。

 一点差で最後は足が止まり、結構薄氷の勝利だった。
 特に福岡の2点目はコーナーキックのこぼれ球がゴール前に落ちた所でごちゃごちゃしているうちにオウンゴールをしてしまったもので、後味が悪かった。
 しかし、そこから後ろを気にしつつ相手を脅かすという、勝っている側の常道を貫いて逃げ切った。負けない記録をさらに更新して21とし、勝ち点の数からすれば断トツの優勝でありながら、今季の甲府は圧倒して勝った試合が少ない。試合巧者を示した勝利と言えよう。

 3点のうち、ダヴィが2得点。これもまた甲府らしい。ダヴィ頼みと言われるが、卓越したストライカーがいるのなら、その能力を最大限に生かすのは当然のことだ。
 特に1点目はシュートされセーブされたボールがそこに来るのがわかっていたかのように、ファーサイドにフリーで立っていた。その得点感覚には脱帽する。

 3点目を永里が取ったのも何の配剤だろうか。
 昨年福岡から甲府に移籍してきた時は、残留争い相手から強奪したなどと言われたものだ。来てみれば昨年は活躍しきれず、FC東京にレンタル移籍。今年も必ずしもレギュラーではなかったが、出てきた時は左ウィングとしてよく攻撃に絡んでいた。福岡にしてみれば最も点を取られたくない選手だったかもしれない。

 かつては観客が千人に満たない日、小瀬で負け続けた時期があったことは語り草になっている。現在でもクラブハウスも専用練習場も持たない貧乏蹴球団であることに変わりはない。その中でJ2優勝を果たしたことはクラブ・コーチングスタッフ、選手らの努力のたまものだ。86万人の山梨県、20万人の甲府市で、平均観客1万人というのは大変なことだ。

 なによりも、その努力を称えたい。優勝おめでとうございます。


 ところで、
 甲府が田舎だからといって、貧乏蹴球団のままでいいというわけではない。
 比較するなら、鹿島はもっと田舎だ。
 海外に目を向ければ、シャルケのあるゲルゼンキルヒェンは人口26万人だが、ホームの試合では毎回6万人を集めている。
 ヴァンフォーレには現状よりも、さらに上を目指してもらいたい。それでこそ地方の雄だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡2−3甲府 祝! 甲府J2優勝 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる