折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋1−2広島 不思議なゴール

<<   作成日時 : 2012/09/24 18:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 優勝を争っているチームは不思議な勝ち方をすることがある。
 もちろんたくさん勝っているから首位にいるわけだ。
 その勝利の中には実力でさほど上回っていない相手に勝ったものも含まれる。実力差がないのに勝ったということは、偶然や運が味方したということだ。
 優勝を争っているチームは、なぜか運や偶然がこちら側に味方してくれる。

 前半、名古屋も広島も慎重な入り方をした。後ろでブロックを組み、攻める時は少人数。リスクを追わずに攻めかけて失敗してはそそくさとブロックに戻っていった。
 どちらも守備が堅いチームなので、1点が致命傷になると踏んでいたのだろう。傍から見ていて、面白いものではなかった。

 40分、広島が先制。あの瞬間の少し前、広島は最終ラインと二列目のラインの間を広く空けていた。ブロックが間延びした空間に名古屋の前めの選手達が入っていった。それが罠だったのかもしれない。最終ラインからのフィードを中村獅童高萩洋次郎が流した時、左サイドでダニエル一人に対して清水・寿人と、部分的に2対1になっていた。
 寿人は逆サイドに流れて名古屋ディフェンスを引き付け、清水はダニエルを抜いて慌てて近寄る闘莉王をものともせず、楢崎が守るゴールマウスのニアをぶち抜いた。
 一瞬の隙を罠にして、広島は堅いゲームから点をもぎ取って見せた。

 優勝を狙うなら勝たなければいけないのは名古屋のほうだ。ハーフタイムに増川を投入、3バックにして前へ圧迫を強めた。それは50分に早くも結実した。ボールを持った闘莉王は右サイドの隼磨にボールを預けてそのまま上がっていった。そこにどんぴしゃりのクロス。闘莉王ヘッドで同点。
 それからは積極的に点を取ろうとした名古屋の勢いが呼び水になって、前半とは打って変わった攻め合いになった。どちらに点が入るかわからなかった。

 そして後半ロスタイム。闘莉王が上がってパワープレーの名古屋。守った広島のロングフィード、ダニエルが処理にとまどっているところに寿人が突っかけ、途中出場の石原が奪う。慌てて戻る名古屋ディフェンス。石原はいったん後ろに戻って右サイドを上がってきた森脇にフィード。そして森脇はゴール左にいた寿人にクロスを入れようとして……。

 なんであれがゴールに入るんだろう?

 広島は不思議なゴールで首位を守り、一方の名古屋は優勝が絶望的になった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名古屋1−2広島 不思議なゴール 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる