折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS G大阪1−1新潟 気分の問題

<<   作成日時 : 2012/09/16 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前半のシュート数はG大阪8に対して新潟0。
 後半のシュート数はG大阪4に対して新潟9。
 この数字が示す通りの展開になった。

 前半はG大阪がボールを繋いで次々に攻め込んだ。新潟はボールを取れないし、たまに取れても繋げない。先制点は前半14分、G大阪ゴールやや右側のフリーキックから。ボールが壁に当たったところでレアンドロがマーカーから離れゴール左でボールを受けた。ディフェンダーが慌てて目の前に来たが、レアンドロはよくコントロールされたボールをゴール右隅にシュート。ゴールキーパー東口も、どうしようもなかった。
 その後もG大阪が押す展開。佐藤晃がヘッドで追加点を決めたかに見えたが、目の前のディフェンダーを押していてファウル。2点差になっていたら新潟はノーチャンスだっただろう。
 雨のせいか遠藤のプレースキックが不正確で、それも新潟に幸いした。

 後半新潟が反撃に転ずる。柳下監督がハーフタイムに、恐がっている奴は言え、交代するから、みたいなことを言ったらしい。
 新潟は後半突如として球を奪い繋ぎ、選手が前へ前へと進むようになり、シュートを放つようになった。
 気分の問題か。
 よくハーフタイムに監督の檄が効いてとか言うが、檄の前になぜ同じことができないのかなと思う。メンタルが大事なのはわかるが、なぜそのメンタルなるものはちょっとした言葉で180度変わってしまうのだろう。

 かつてのガンバなら、相手の勢いが増してもボールを繋いでいなして攻撃に繋げていたのだろう。うっかりカウンターを食らうことがあっても、後半終始圧倒されることは無かったに違いない。もちろんそれはかつての話だ。
 圧迫を受け続けたガンバは終了時間が近づいてから岩下がミシェウを足払いしてPKを与えてしまう。岩下にしてみればボールを蹴るつもりだったのかもしれないが、足がボールに届くか届かないかの判断を圧迫され続けた焦りから間違えてしまったのではないか。
 ブルーノロペスのPKはコースが甘かったが藤ヶ谷の脇の下をボールがすり抜けていった。同点で終了。

 引き分けで終わり、この二チームはともに勝ち点25。G大阪16位新潟17位と仲良く降格圏に入った。
 この時期になってくると、選手の名前を眺めて「本来ならこの位置にいるべきチームではない」などと言ってもなんの意味も無い。
 気分の問題であれだけサッカーが変わるのだから、降格のプレッシャーの中でどれだけそうした気分が保てるか。そんなメンタルというか図々しさが鍵を握るだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
G大阪1−1新潟 気分の問題 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる