折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台0−1清水 また清水か

<<   作成日時 : 2012/05/08 18:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 試合開始直後から激しい戦いになった。清水のハイプレス、それをかいくぐって前へと湧き出る仙台。しかし、ほどなくして仙台上空は暗黒に包まれ、雹が降りしきり、一天にわかにかき氷。雷雲によりプレー中断を余儀なくされた。
 やがてテレビ映像はアナウンサーと解説者の掛け合いもなくなり、テロップとともに雨のユアスタを映すばかりの環境映像となった。
 ピッチに誰もいませんよ。

Nice stadium


 この43分間の中断がどちらに有利に働いたのか。清水が勝ったんだから清水なんだろう。
 中断の影響は不明だが、試合が再開してみると、ひとりひとりのキレというかアジリティは清水のほうがいいように感じられた。三日前の前節、清水は鹿島相手に快勝したのに対し、仙台は鳥栖との消耗戦だった。同じ90分でも疲労度が違ったかもしれない。
 得点は前半40分、左サイドから高木俊のロングクロスに大前。清水-鹿島戦の3点目と同じ。仙台もスカウティングをしていただろうに。大前に裏を取られたのは朴、おまぬけは彼のデフォルトでもある。
 当然、仙台は攻勢を強めた。後半23分、ヨンアピンが警告二枚目退場。ウィルソンがあそこで突破していれば得点機会だから、ファウルだとするならば警告は妥当と思われる。しかし、ウィルソンの倒れ方が映像ではシミュレーションっぽかった。清水サポーターは不満だろう。審判はすぐ後ろで見ていたのだけれども。
 その後の仙台の攻撃も良かったのだが、清水GK林彰洋がそれ以上に良かった。次々シュートを止められた。
 梁はコンディションがまだまだだった。どこかで試合に出さないと試合に出るコンディションにはならないから、連戦最後に出たのは理解できる。しかし90分出すのは長い。富田が痛んで梁をボランチにせざるを得なかったのは不運だった。
 まあ、この日の清水が少し上回っていたのだろう。また清水か。これだけ仙台が強くなってもまだ清水に及ばないというのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台0−1清水 また清水か 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる