折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎F3−2仙台(生観戦) いいゲームだったんだが

<<   作成日時 : 2012/05/26 22:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 山梨にいた時は風があってうすら寒く感じていたのだが、川崎に着いた時には暑くて袖をまくった。この時期は体感気温が読みにくい。
 等々力に着いた時にはキックオフ直前だった。席はSB指定アウェー側。メインスタンドの右端近く。コーナーフラッグの斜め後ろにあたる。以前にも等々力競技場のこのあたりの席に座ったことがある。2006年10月の川崎F-甲府戦だ。当時ここは自由席だった。我那覇の2得点で川崎Fが勝った試合だ。あれから結構な時が流れた。我那覇という名を書くたびに例の事件を思い出して、私は少し胸の痛い気持ちになる。
 観客は16058人。結構入っているように思えたが、風間監督就任直後の川崎F-広島戦よりは少なかったようだ。

 川崎F
GK: 西部、DF: 田中裕・実藤・井川・福森、MF: 憲剛・大島遼・楠神、FW: 小林悠・登里・矢島

 稲本その他、怪我人が多いらしい。福森は初見。

 仙台
GK: 林、DF: 菅井・角田・鎌田・田村、MF: 松下・冨田・太田・梁、FW: ウイルソン・赤嶺

 こちらも上本と関口が怪我で離脱したばかり。角田がセンターバックに入って松下スタメン。

 試合開始。

 川崎Fがボールを持って仕掛けた。仙台が持たせているのではない。川崎Fが主導権を取って、何度も好機を作っていた。前半20分、ゴール前で崩して小林悠のゴールで先制したが、前半川崎Fがこの1点だけだったのは仙台に運があったのだろう。角田センターバックはよくやっていたというべきか。
 前半24分、富田が唐突にミドルシュートを決めた。同点。富田はいつの間にシュートがうまくなったのだろう。前半は1-1で終了。

 ハーフタイム後に仙台のサイドバック田村が痛んだらしく内山に交替。後半は仙台もボールがある程度持てるようになってきた。
 後半9分、ウィルソンがペナルティエリア外右45度付近からミドルシュートをゴール左隅に決めた。ゴールキーパーノーチャンスのお見事シュート。仙台逆転。
 その後も仙台に好機はあったのだが、枠外シュートが多い。
 後半14分、菅井が広大に交替。内山同様、戦略的な交替ではあるまい。望まぬ交替が二度続いたようだ。
 試合終了まで時間があるし守りきるかどうか、と思っていた後半16分、ゴール前で崩して川崎Fの同点ゴール。誰かと思ったら決めたのは登里。うーん、トゥーロンに行ってくれれば良かったのに。
 その後はどちらも点を取ろうとしてスリリングな展開になった。後半25分、松下に替えて奥埜。これで交替枠を全て使ってしまった。その後に太田が足をつったりした。仙台には厳しい展開だ。
 そしてロスタイム、なにやらまた崩されたみたいだな、と思ったら矢島がヘディングシュートを決めていた。

 もちろん仙台が負けて嬉しくはないが、どちらも勝とうと積極的に攻め合って、いいゲームだった。
 仙台としてはセンターバックに故障者が出ていたところでさらにアクシデントがあり、戦略的交替が出来ずに難しい展開だった。しかし、トラブル時の対応力、控え選手の力量もまた実力というものだ。
 気になったのは仙台の2ゴールがスーパーなミドルシュートだったのに対し、川崎F3ゴールはいずれもゴール前で崩した得点だったこと。細かいことはよくわからないが、これが風間化の効果なのかどうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎F3−2仙台(生観戦) いいゲームだったんだが 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる