折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 湘南3−2横浜C せわしない湘南あと一歩の横浜C

<<   作成日時 : 2012/04/17 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 首位と下位の試合。この試合終了後、湘南は首位のまま、横浜Cは最下位に落ちた。
 湘南は反町監督時にJ1で一年戦ったのだが、その時からメンバーがかなり入れ替わった。だからあまり知っている人がいない。知っている人の中では、ことし山形から移籍してきたベテラン古橋が効いていた。
 横浜Cはスタメンに杉山、八角、内田智、永井、大久保、ベンチにシュナイダー、堀之内、田原、ごぞんじ三浦カズ、と知っている選手が多い。知っている、というのは実績があるからだが、ベテランが多いということでもある。年齢が上がると走る距離で負けないか、と心配になる。だがこの試合では少なくとも走行距離で横浜Cはそれほど負けていなかった。

 最後まで両チームとも足を止めずに走り回り、せわしないゲームだった。バックラインでボールを回す場面などほとんどない。先行され追いかける展開になった横浜Cはもちろん、湘南も勝ち越し後の時間稼ぎはしなかった。もともと湘南はハードワークが信条だが、ここまで徹底して攻守に走り続けるのは曹監督の方針なのだろう。
 ただ、このせわしないサッカーは危うくもある。いつまでもボールが落ち着かず、点をいつ取るか取られるかわからない。今はシーズンが始まってまだ日が浅いから、湘南のサッカーに相手も面喰らっているのではないか。しかし、夏場になればこのサッカーでは疲労もたまるに違いない。首位のまま最後まで突っ走るとは考えにくい。

 シュート数は湘南12、横浜C11。だが決定機の数で湘南は上回っていた。メンバーを見る限り横浜Cが決定力に劣るとは思えない。監督交替のごたごたで、まだゴール前での好機の作り方が、選手の中で整理されていないのではないか。しかし、山口監督のもと、以前より明らかにプレーがアグレッシブになってきた。勝利まであと一歩と感じられた。
 その一歩は遠いのか近いのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
湘南3−2横浜C せわしない湘南あと一歩の横浜C 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる