折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸2−1横浜C(生観戦) 梅のついでかついでの梅か

<<   作成日時 : 2012/03/05 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 春の風に誘われて旅に出た。
 寒かったけど。
 ちょうど水戸は偕楽園で梅まつりだ。
 まだ一分咲きなのはわかっていたが。
 あずさ2号に乗れば試合には間に合う筈だから、試合後に偕楽園とも一瞬思った。だが、あずさは味スタに向かう松本山雅サポに占拠されているかもしれない。いや、松本サポが占拠するのはあずさ2号ではなかろう。でも翌月曜日は仕事だから帰りが遅くなるのは困る。
 そんなこんなを考えつつ、結局早起きして常磐線を北上することにした。
 偕楽園駅に着き、常盤神社にお参りし、義烈館を見学し、東門から偕楽園に入り、数少ない梅の花を愛でて、表門から入りなおして竹林と杉林を堪能し、好文亭を訪ねて遠景に感心し、好文亭を出て撮影会のお姉さんたちを横目で見た後に、納豆膳を頂いて水戸駅に移動したら12時前だった。

 水戸駅からKsスタジアムまではバスで結構かかる。30分くらいか。バス乗車時間は、水戸>甲府>湘南。
 Ksスタに着いて中に入ったらスタメン発表は終わっていて、噂の洗脳ソング「走れホーリーホック」に合わせてミニスカートの少女たちが踊っているところだった。
 北風がヒューヒュー吹いて寒い。女の子たち、大丈夫だろうか。心配になった。
 席はメイン中央席。中央中段に陣取る。こんな良い位置、滅多に座ったことがない。このメインスタンドは、震災で被災し昨年秋に復興したものだ。青い椅子が真新しい。
 市長の挨拶の後、選手入場。

水戸ホーリーホック
GK: 本間、DF: 市川・金・塩谷・輪湖、MF: 西岡・ロメロ・小澤・島田・橋本、FW: 鈴木隆行
横浜FC
GK: 関、DF: 杉山・渡邊・ペ・阿部、MF: ホベルト・中里・内田・野崎、FW: 難波・大久保

 水戸の両サイドバック市川と輪湖は元甲府。
 横浜Cの杉山も元甲府。マッチアップする輪湖とは2008〜09年に同時に甲府にいた。
 報道にもあったが、カズは怪我で不在。
 監督はご存じ、水戸が闘将柱谷、横浜Cが赤帽岸野。

 試合開始。

 横浜Cのチェックが激しい。水戸が全然ボールを持てない。
 開始10分の横浜C、左サイドを抉ったボールが中央へ、こぼれたボールがまた右サイドを抉り、長身の大久保がどんぴしゃりのボレーシュートで横浜C先制。
 大久保と岸野監督は抱き合って喜んでいた。その場面はプロレスのワンシーンのようで迫力があった。
 その後も試合は横浜C優勢で進んだ。

 水戸は鈴木隆行のポストが生命線だった。ロングボールに競り勝って落とすことが出来る。
 しかし、攻撃には繋がらない。隆行の落としたボールを水戸が拾えない。水戸の前線の距離感が悪いとも言えるし、横浜Cの出足が鋭いとも言える。
 ただ、隆行が競り勝っている分だけ、何秒かの猶予が出来る。その何秒かでディフェンスが整えられる。だからこそ生命線。

 時間が経ってくると次第に横浜Cの出足も鈍くなって、水戸がボールを持てるようになってきた。
 前半終了時間が迫ってきた42分、左サイドで島田がクロスを送った。ゴール右で「頭で行くよ、頭で行くよ」と構えていた小澤が渾身ヘッド。同点。

 後半に入り、観客数5817人と発表があった。水戸としては大観衆だったらしい。

 後半は打って変わって水戸のペースになった。
 前半横浜Cは飛ばし過ぎたか。61分、田原を投入したが、ボールが前線に繋がらない。
 一方水戸は69分、輪湖からのパスに島田、逆転。

 逆転された横浜Cは84分、永井を投入。前線にFW4人、難波・大久保・田原・永井と並べてパワープレーに出た。J2にしては豪華なメンバーだ。横浜Cを昇格候補に推す人がいるのもわかる。
 対する水戸はDFの尾本・加藤を入れて守りきる采配。結局、横浜Cのパワープレーは効かなかった。永井はボールが来なくてほとんど空気だった。
 水戸は苦しみながらも初戦を逆転勝利で飾った。

 Ksスタを見ていると、甲府とだぶるところがある。ここでコンスタントに1万人入ったら甲府のように、「J1にいることもあるチーム」になるだろうな、と思う。
 バスの沿道にホーリーホックの旗が延々と並ぶくらいにならないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水戸2−1横浜C(生観戦) 梅のついでかついでの梅か 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる