折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦和1−0柏、F東京3−2名古屋

<<   作成日時 : 2012/03/18 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

浦和1−0柏 わかってはいたが変われば変わるもの

 監督が代わればサッカーも変わるものだ。槙野と阿部も優秀な選手で、二人の加入は大きかった。柏木がまた、かつて薫陶を受けた監督のもとで、昨年とは別人になっていた。
 わかっていはいたし当たり前の感想だが、浦和は昨年の浦和ではない。
 流動的な攻撃で前半に柏を圧倒。デスポトビッチの無謀に見えたチェイシングがジョルジワグネルのミスをつき、奪ってシュート。浦和の時間帯に先制することが出来た。デスポトビッチは昨年、「こんなのしか来なかった」みたいな言われ方をしていたので、可哀想に思っていた。彼の活躍は個人的に嬉しい。
 浦和は恐らくまだ、このサッカーが体に馴染んでいないのだろう。後半は動けなくなって柏にずっとボールを持たれてしまった。しかし、阿部がレアンドロを消し、中をしっかり固めて守りきった。
 柏はゼロックス杯やブリーラム戦に比べればコンディションを上げてきたが、まだ走力や切れが足りないと感じる。といってもまたすぐACLだ。厳しい日程が続く。


F東京3−2名古屋 前後半で違うゲーム違うチーム

 前半の名古屋は完ぺきだった。名古屋が何点差で勝つのかと思った。先制点の玉田は飛び出しも素晴らしかったが、迫りくる権田を見て少し浮かしたボールをゴールに放り込んだ技術も素晴らしかった。
 後半、名古屋はだんだん動きが鈍くなっていく。点を取られなければいいんだろ、とでも思ったのだろうか。名古屋は前半悪くて後半に豹変することもあるし、今回のようなこともある。集中力が45分間しかもたないのか。
 石川は二年前に面白いように点を取っていた頃の感覚を思い出したようだ。アーリアは実はヘディングが得意だったのか。あれよと言う間にF東京に3点が入った。
「名古屋の永井」のゴールを見たのは久しぶりの気がする。一度眠った名古屋がまた起きたが後半についた2点差をつめるのは難しい。
 それにしても、ダニルソンはなぜ退場になったのだろうか。ファウルのせいなのか、ファウルで倒した相手を強引に起こそうとしたからか、ルーカスとのいざこざの責任を一人で取らされたのか、理由を知りたいところだ。1点ビハインドでなぜダニルソンがいざこざを起こして時間を浪費したのかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浦和1−0柏、F東京3−2名古屋 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる