折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 大宮3−1甲府 今年の甲府を思い出しながら見た

<<   作成日時 : 2011/12/10 20:57   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 大木監督には、面白いサッカーでも勝つのは難しい、と教わった。
 三浦監督には、つまらないサッカーでも勝つのは難しい、と教わった。

 面白い、つまらないは見ている側の感想だ。だが、見ている人がつまらないと思っているサッカーは、やっている人間もつまらないと思っているものらしい。

 さて、来季のヴァンフォーレ甲府は城福監督となった。
 それはいいのだが、気になったのは、甲府側のアプローチが昨年からということだ。つまり昨年のこの時期、甲府は城福氏と三浦氏にアプローチし、城福氏には断られ三浦氏は承諾したということらしい。
 城福氏と三浦氏ではサッカーが全然違う。となれば、昨年率いた内田監督と再契約しなかった理由としては、J1を知る監督という点のほうが重要だったということか。
 守備の構築をしたいから三浦氏を招聘したというのは方便とか。三浦氏が監督になったから守備を構築という「言い訳」を用意した。そう考えないとつじつまが合わない。

 三浦氏は監督として成功も失敗もした人だ。大宮と札幌は昇格させているし、二年目で途中退任した神戸でも一年目は14位だ。
 初年度で退任した甲府の結果が一番悪い。
 大宮・札幌・神戸と比べると、甲府が最も、就任以前と違うサッカーをやろうとしたチームであるのは間違いない。
 三浦監督でいいのかとサポーターは感じていたが、選手も同じことを感じていたかもしれない。
 信頼という点でどうだったのか。

 今年の三浦監督率いる甲府は、試合開始直後はブロックを作ってゾーンディフェンスをしていた。しかし、先制されるとブロックもゾーンもなくなって、前から複数人でチェックをかけていた。そして、簡単にカウンターを浴びてさらに失点した。それが大量失点に繋がり、浦和との得失点差に現れた。
 つまり、三浦サッカーが実行されていたのは、試合開始から先制されるまでに過ぎない。
 三浦監督は自分のサッカーを甲府選手達にやらせることが出来なかったのではないか。信頼されていなかったからそうなったのではないか、と疑っている。

 三浦氏を招聘したのは佐久間GMだ。彼は甲府が残留出来なかった理由に思うような補強が出来なかったと言っている。
 甲府をJ2時と全く違うサッカーにしてしまったことは理由に上げていない。それを上げれば自分の失敗を認めることになるからだろう。
 彼にとって実際に行われた補強は次善三善の策か。補強でやって来た人材に最終的なレギュラーが少ないことを思えば、うまく行かなかったと言わざるを得ないが。

 緊急避難で佐久間氏が監督をしたが、これもうまくいかなかった。
 私は佐久間GMは辞めたほうがいいと思っている。
 責任を取れ、と言うのではない。辞めることが責任になるかどうかわからない。そうではなく、佐久間GMと現在の選手達の間に信頼関係が無くなっているような気がするからだ。
 ハーフナーマイクや吉田豊の批判は、出ていく人間の言葉だ。氷山の一角だろう。
 これから佐久間氏が誰を補強で連れてきても、
「またあの佐久間が変な奴を連れてきやがって」
と選手達に思われるのではないか。
 甲府をJ1にあげた実績はあるし、海野社長の信頼は厚いようだし、いま彼がいなくなれば城福監督は梯子を外された気分になるだろうし、難しいところだが。

 今シーズン前、甲府の選手層を考えた時、残留争いをするだろうとは思っていた。実際に残留争い(福岡・山形は争うに至らなかった)をしたのだから、そこの予想だけは当たった。
 だが、シーズン前にかつての甲府とあまりに多くのことを変えてしまったから、16位で降格と言う結果がリーズナブルなのか否かよくわからない。内田監督のままでも降格していたのかもしれないが、それは永遠のifだ。

 試合の話もしようか。
 甲府の完敗だった。
 14点の得失点差を埋めようとした甲府は、点を取りたい攻撃陣と後ろが間延びして中盤を大宮に支配された。大宮が繋ぐサッカーでしっかり勝利したのは当然であろう。大宮はシュート数、決定機数、そして得点で凌駕した。

 藤本主税が契約更新されず、大宮で最後の試合となった。
 今年、次第に試合に出て来なくなっていたので、ある程度予想はついていた。サポーターには悲しかったかもしれないが、大宮のレジェンドが去る姿としてはあるべき形だ。
 何度も同じことを書いているが、功労者は、正当な競争を若手としなければならない。
 その結果として、首になる前に、監督が功労者を干さなければならないのだ。

 藤田健もそうした最後を甲府で迎えるべきだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大宮3−1甲府 今年の甲府を思い出しながら見た 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる