折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台2−0神戸 コレクティブ

<<   作成日時 : 2011/12/07 22:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 試合開始前、テレビカメラはバックスタンドの人文字、「アリガトウ」を映していた。
 自分がもし地元に就職していたのなら、あの地震で死んでいたかもしれない、と思うことがある。
 そうではなくても、何らかの被災は受けていただろう。
 あるいは私はユアスタにいて、人文字を掲げている側の一人になっていたかもしれない。

 試合開始時、激しい雨が降っていた。
 その雨は次第に弱まったようだが、最後までグラウンドはびしゃびしゃで、ボールは水溜りで何度も止まっていた。
 だが仙台は、偶然に頼った、前に蹴ってどうにかなってくれ、というサッカーにはしなかった。
 結果として圧勝した。雨の中で転がらないボールを繋ぎ、多くの決定機を作り、2得点をあげた。

 ユアスタのカメラは高い位置から選手達を映していた。
 そのベガルタ選手達のポジショニングが良かった。
 この雨の中でもボールを繋げそうな距離感を保ちながら、適度に散らばっているのだ。
 ボールを奪えば繋ぎながら前進することができ、、ボールを奪われればすぐにブロックが組め、神戸のどの選手にも素早くチェックがかけられる。
 なるほど、これが手倉森監督が言うところの「コレクティブ(集団的な、結合した)」か。

 ベガルタ仙台が4位で終えることを予想した人はいない。ベガルタ各選手一人一人の能力をただ足し算しただけでは、ひと桁順位にようやく入るのがせいぜいだろうと思わざるを得ない。この日戦った神戸の選手らに比べ、格段に優れたところがあるとは思えない。
 しかし仙台は、このメンバーでコレクティブなサッカーを追及し続けたことで、ここまでレベルを上げ順位を上げることが出来たのだ。

 上位でシーズンを終えるにふさわしい、素晴らしいチームだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台2−0神戸 コレクティブ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる